friedband.exblog.jp

カントリーミュージックと音と家具の毎日
Top
創作展7、そして今日も有難うございました。
日も午後から、大勢の皆様に創作展へご来場戴きまして有難うございました。
夜でも見れることで、帰りがけによっていただく事も多く、時には22時頃まで展示場
がオープンしている事も有ります。
(いつもでは有りませんので、遅く来られる時はご連絡下さい)
今日も今しがたに最後のお客様が帰られました。
大磯、平塚、藤沢、茅ヶ崎、川崎、海老名、その他の地区から皆様が来られて
毎日賑わっています。

今日は最後の部屋の音楽を中心にした部屋の一部からご紹介します。
スタジオの作りのこの部屋に入ると先ず目に飛び込んでくるのが、
d0097038_19563782.jpg

この大きなエルビスの油絵です。
d0097038_19581715.jpg

また、直ぐ手前にあるのが、石に描いたエルビスプレスリーの絵です。
作者は宮本和千代さんで、自分が若い頃のスターの「エルビス」や
「ジェームス・ディーン」、など我々には懐かしいスター達です。
エルビスの絵が展示してあるこのステージは普段はフライドバンドがライブを行っている
ステージで、その楽器がセッティングしてあるところに今にも歌いそうなエルビスがいます。
エルビスの絵は、この他のコーナーにも展示してありますので、改めて紹介いたします。

ここから1歩入ると、そこには素晴らしい押し花の世界があります。
私が初めて見た「押し花絵」です。 
「押し花絵」の認識が変りました。
明日は佐藤政子さんの「押し花絵」をご紹介します。
[PR]
by friedband | 2009-11-10 20:36 | 創作 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://friedband.exblog.jp/tb/10440368
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 創作展8 8日、木工教室開催 >>



カントリーバンドリーダー日記
今井せいじのもう一つの顔
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
フォロー中のブログ
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧