friedband.exblog.jp

カントリーミュージックと音と家具の毎日
Top
夢?
夢を持つこと
私自身、最近の子供や若者は夢を持っていることが少ないように感じるし、
よく世間の大人たちは若者に対して夢がないな~
などと言う表現をする人も多いが、自分の子供を見てドウだろう?
夢を持っているだろうか! 生まれてくる子供は、無垢の状態!
いろいろ見たり、聞いたり、学んだりと、世の中に育っていく段階で覚えて成長していくの
だから、はたして夢の少ない子供達の親はドウだったのだろうか?
子供と一緒に夢を語っては? 当然時代が違うわけで、我々が子供の頃の夢は、電車の
運転手とかバスの運転手などと非常に単純なものであった。
その中でも才能のある子供の中には、博士になりたいなどという子もいたとは思うが、
何でも良い、夢を語れる子供がもっと多くなってほしいと思う!
最近、TV等のドキュメンタリーな番組を見ていても、夢に向かっている様な子供の気持が
ほとんど伝わってこない、大きな夢に向かって、それの数パーセントでもいいから確実に
実現しようと言う、根性のある、頑固なくらいの子供が増えてほしい!

子供達が考える事に大人がその時点で否定してしまう事がたまたま見られる。
やる事が覚える事、芽を摘み取る事は決して良くないように思います。
失敗して痛みも悲しみも分かる事で、何でもやらせたいですね!

昨日は大盛り上がりで大勢の方で一杯になったライブでした。
一人の音楽が大好きと言うか、その方向を目指しているのだろう若者と久しぶりに話す
機会があった。自分が音楽に燃えていた若い時代を少し思い出させてくれた。
音楽でのとんでもない夢も持っていた時代だ!
物まねでも良い、何でも良い、やる事が楽しくがむしゃらにやるそんな心をもっともっと
持ってほしいと思います。
今日は疲れているせいか、あまり音楽を聴く気持のなれない中でも、この2曲だけ、
Teach Your ChildrenとForever Youngはとっても心に響くと言うか、
心地良く聞こえます。
こんな曲を聴いていたら、こんな書き込みになりました。
どんな親でも子供の健やかな成長を望まない親はいないけど、全てやってあげるとか、
お膳立てしすぎるのではなく、自由に、むちゃくちゃでも良い危ない時に手を差し伸べる
ことが一番本人の為にはなるのではないかな!
思いつかない頭でゴチャゴチャになり書きました。

最近、体力の限界も感じていますが、今でも未だ夢を追い続けています。
若者はもっと頑張れ!

この時期4年前の12月になくなった「チャリ」の事を思い出します。
d0097038_18532937.jpg

12月21日の寒い最後の夜、私と夜中の1時過ぎまで事務所のじゅうたんの上で
添え寝をしたことなど! 忘れられません。
走馬灯のように思い出します。
[PR]
by friedband | 2009-12-27 18:53 | 日常 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://friedband.exblog.jp/tb/10601791
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< お役目ご苦労さん~来年も宜しく 本日の御礼 >>



カントリーバンドリーダー日記
今井せいじのもう一つの顔
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
フォロー中のブログ
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧