friedband.exblog.jp

カントリーミュージックと音と家具の毎日
Top
カール・スミス逝く
カントリーの伊達男カール・スミスが16日に亡くなりました。
テネシー州マイナーズヴィルで1927年3月15日生まれ。
1950年代に主に活躍し、日本でも多くのファンを持つ大ベテラン。
1953年にNO1ヒット、Hey Joe、よく54年のNO1ヒット、Loose Talkは日本でも有名な
曲ですが、私が6歳~7歳の時のヒット曲なのです。
私が、カールスミスの事を良く知るようになったのは、高校生の頃、良く学校帰りに、西銀座
デパートの2階にあった、不二家ミュージックサロンで寺本圭一とカントリージェントルメンの
ステージを月に何度も見ていました。
その頃、いろいろな曲を聞かせてくれていた寺本圭一さんが得意にカール・スミスの曲を
歌っていました。 と言うか、カール・スミスが大好きだといっていた事を覚えています。
また、その頃の寺本さんは、カール・スミスのニックネームのミスター・ダウンヒル・ギターと
思われるように、ギターのヘッドを下に向けて弾いていました。
懐かしいですね!
ヘイ・ジョーはステージで必ず歌っていたような気がします。

カール・スミスのレパートリーのルーズ・トークはかなり昔ですが、私もレパートリーに入れて
いましたが、最近は鹿児島出身の川名さんが歌いそうです。
1920年代の歌手は随分亡くなりましたね! 淋しいことです。

それにしてもカール・スミスの若い頃はカッコいい!
ウェイロン・ジェニングスがまだまだ、ナッシュビル的なサウンドの若い頃と同じように
ポマード(?)をシッカリつけてリーゼントで決めた伊達男!
今どきいないですね!

私はもうポマードは必要なくなってきましたから!
ガンの手術をしてから、めっきり整髪料は要らなくなりました。

今日のリフォーム状況です。
かなり進み、明日で終了の予定ですが、天井は面積が広いので、とても貼り終わらない
のでライブの終わった翌週からの作業で、きりのいいところで一先ず終了!

d0097038_2024145.jpg


何処が変ったのでしょうか?
今までよりはかなりシックな雰囲気になりました。
お楽しみ下さい。
[PR]
by friedband | 2010-01-21 20:25 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://friedband.exblog.jp/tb/10686981
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 今日からまたスタート 改装なったスタジオで今年も新春... >>



カントリーバンドリーダー日記
今井せいじのもう一つの顔
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
フォロー中のブログ
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧