friedband.exblog.jp

カントリーミュージックと音と家具の毎日
Top
緊急のお知らせ、見逃さないように Walk the Line
Walk the Line 君に続く道
ジョニー・キャッシュ役のホアキン・フェニックス、ジューン・カーター役のリース・ウィザースプーン、1950年代、アメリカ。ジョニー(ホアキン・フェニックス)はレコード会社で飛び込みのオーディションを受け、合格する。妻子を残し全米ツアーに出た彼は、憧れのカントリー歌手、ジュ-ン・カーター(リース・ウィザースプーン)と運命的に出会う!
ジョニー・キャッシュの半生が描かれている映画「Walk the Line」が今日のpm8:00から放映される。NHK衛星第2で放送があります。
ホアキン・フェニックスが吹替え無しでの歌も聴きものです。
ミュージシャンの栄光、ドラッグ絡みの挫折、そして復活への道のりが描かれていく。
ジョニーのナイーブさ。「彼の前ではすべての男が軟弱に見える」とボノ(U2)は言ったほど本当は精細な人柄!
私の中学生の頃のコピーするカントリーウエスターンの音楽はそう多くなく、ジョニー・キャッシュはいい手本だった。
妻子を残し、10年越しの恋を実らせ?・・・・
因みにジューン・カーターも最初の夫、有名なカントリー歌手カール・スミスを含めて3回目の結婚! カントリー界も今も昔も結構盛んな事です。
ゴールデン・グローブで主演賞を獲得し、アカデミー賞にもノミネート。
是非今夜見てみましょう!
[PR]
by friedband | 2010-03-18 15:57 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://friedband.exblog.jp/tb/10876410
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< トミさんとCONNIE SMITH アルバム紹介(その2) >>



カントリーバンドリーダー日記
今井せいじのもう一つの顔
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
フォロー中のブログ
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧