friedband.exblog.jp

カントリーミュージックと音と家具の毎日
Top
辛かった事!大変だった事!全ていい思い出
福岡にいるハンク秋山さんの記事に私にとって大きな力をくれたエミルー・ハリスの
テネシー・ワルツの記事がありました。
昔を思い出し福岡にも書き込みましたが、ブログに記事にしてみました。
今月の7日に母(89歳)が入院した事と、私自身の検診・治療そして仕事で毎日が
バタバタしていたときに、気持を昔のことを思い出しながら切り替えることが出来ました。
エミルー・ハリスのテネシー・ワルツは当時ジーンズメーカーのCMもPVに使われ
流れていたかと思いますが、私の中に映像の記憶がほとんどなく、音だけが印象的に
残っているのです。
30年位前の一番大変な時代を思い出します。
映像に関しては余り記憶にないのですが、当時TVから流れてくるこの曲に勇気付け
られたことを鮮明に思い出します。
30歳で脱サラをし、義理の弟と輸出梱包業を始めましたが、もっぱら私が営業で
(ずっと車の営業をやっていました)北海道から九州まで営業に走り回り、事業拡大と共に
人でも足りなくなり、時には自分で大きな10tトラックに乗って走ることも多々ありました。
.余りの忙しさに身体を壊す事、入院する事などもありましたが、受けた仕事に穴をあける
ことは出来ないので、人出が足りない時は私自身が走り回りました。

カントリーの歌にあるようにSix On The Roadに有るように、1週間の内6日間旅に出て
1日だけ、1週目に家に変えるようなものでした。
特に冬場の北海道の取引先の引きの取りは、雪の頃になると仕事が増え、予定していた
若いスタッフは雪が嫌で前日から休んでしまい、その穴をほとんど私が埋めていました。
そんなことで冬の北海道は1シーズンに7~8回行く事もあり、雪道に慣れていましたが、
そんな頃、1週間も続いていたと思いますが、連日1時間少々の仮眠で移動していた時期
があり、帰りの札幌から八戸まで移動する際に、走り疲れ何とかフェリーに乗ろうと苫小牧
のターミナルでキャンセルを待つ私でした。
1便目は取れず、数時間待って2便のキャンセル待ちをしたが結局2便ともとれず、ここ
まで無駄にしてしまった時間を走って取り戻すことなど、雪道ではとうてい無理! しかし
これ以上待ってもとれる見込みがなく走らざるを得ない状況で、体力も限界に達していた
私の耳にフェリーターミナルのTVから流れてきたエミルー・ハリスのテネシー・ワルツ
だったのです。
その時の映像はほとんど覚えていないのです。
恥ずかしながら、こみ上げてくる気持が抑えられなくなり、涙で一杯になって、うつむいて
聞き入っていたように記憶しています。
よし!もう一頑張りしよう!と勇気をくれた曲がこの曲なのです。
苦しい時には何度も投げ出したくなっても音楽に勇気付けられるありがたさは、昔も今も
変りません。
当時、余りの忙しさにこの前後の数年間はTVなどを見る時間もないほどでした。
38歳で倒れるまでこのような生活が続きましたが、何時も私に勇気付けをしてくれていた
のは「家族」と「音楽」でした。いまだに、大して変らない日常ですが、家族と友人と、何時も
いい音楽があることが嬉しいです。

もう一つ、大型車で旅に出ていた私を勇気付けてくれていたのが、お袋でした。
夜中の眠い時、電話をして話し相手になってくれるのがお袋で、電話をする為にほんの
僅かですが車から降りること、これが眠気も取れ、話すことで元気が出てくるのですね!
皆ありがたい人たちです。
こんな事を考えると、やはり人は一人では生きていけない!頑張るのも限界があるが、
時には人の力が数倍の勇気と力を与えてくれるのだなと改めて感じます。

でも、こんな時期でも、ライブだけは続けていました。ライブの当日の昼頃まで大阪に居て、
急いで車で戻って夜にライブを行っていた若い頃が懐かしいです。

今日から、お袋の陶芸作品を何点か掲載します。
d0097038_2013894.jpg

おふくろの作った「香立て」直径約85ミリの可愛いものでとってもいい色使いです。
d0097038_20133654.jpg

「グイ呑み」直径60ミリ、高さ35ミリでグイ呑みに丁度いいので私なりの考えで、お袋には
何に使うのか聞いていません。
d0097038_20135870.jpg

「小さな皿」は長さも8cmくらいのもので何にでも使えそうです。

何れも、とっても小さなものですが、私が気に入っている作品です。
私としては、お袋の作品は、色使いがとっても気に入っています。
見る方皆さんが、形も、色も気に入られているようです。
今年になって貰ったランプが最後の作品になるのかな!

とっても長くなってしまいました。
思いつくままに書いてみました。

最後に一つだけ! お袋に力を与えてください。
[PR]
by friedband | 2010-06-17 20:17 | 日常 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://friedband.exblog.jp/tb/11343318
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 香川の林 at 2010-06-18 12:30 x
今井さんが苫小牧フェリーターミナルで見たCM これですね。
http://www.youtube.com/watch?v=WvUi2RWjs7U
自分の記憶では、家族と犬だったように思っていました。

母上の快復祈ります。
Commented by friedband at 2010-06-18 14:28
林さん、ありがとうございます。
最近やはり年のせいでしょうか! 昔のことが走馬灯のように蘇えってきます。
二度とは帰ってこない人生ですが、そんな思い出を大事にしながら、前に進みたいですね!
<< 梅雨も本格的に! 癌から退院して! >>



カントリーバンドリーダー日記
今井せいじのもう一つの顔
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
フォロー中のブログ
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧