friedband.exblog.jp

カントリーミュージックと音と家具の毎日
Top
青春時代、PART-2
2~3年間くらいバンド以外の音楽活動で、他のメンバーと若干の差ができ、同じ音楽を
やっていく上でのジレンマがあった。
こんな時代に、幡ヶ谷のキャトルコールにて、いろいろなミュージシャンの卵だったりした
人は多かった。
プロ活動を始めていた、故デーブ久保井氏などと此処で知り合った。
この頃、未だ、バンド活動をしていない、スリム山口氏(マーク・チェスナットのバンドの
スチール)と知り合った。
d0097038_2010521.jpg

幡ヶ谷のライブハウスで演奏の後、皆で伊豆に行ってパチリ! 40年も前の事!

プロを目指している人たちと音楽をやっていくうちに元のメンバーも加わったバンドを真剣
に活動開始した。
FENを聞いてカントリーミュージックをむさぼるように聴いて、レパートリーを広げた。
こんな時代が、何年か続き、24歳の頃にはクロックスロード(当時ガンちゃん、三田ひろし
氏などで構成されていたバンド)と良く一緒に米軍キャンプの仕事に同行し、更に新しい
カントリーを勉強した。
時々、5回あるステージで最後のステージでドラムを叩かせてもらえたことは自分にとって、
いい経験と、もの凄い勉強になった。(いい加減な演奏は決して受け入れられない)
この頃から、今、一緒にベースで参加してくれているガンちゃん(辻田巌氏)がバンドの
指導に当たるようになり、バンドも、がむしゃらな時代から、徐々に内容を充実していく時代
に入った。

次第に、バンドとしてではなく、個人で他のバンドで歌を頼まれたり、また、他にユニットを
組み、チャリティー・コンサートに参加したり、また、米軍キャンプでのバンド活動など幅を
広げて行った。
30代前半はこの様な活動が目一杯ありとっても充実した音楽活動を過ごした。
d0097038_2012857.jpg

30年位前の米軍横須賀キャンプでの演奏(一番手前でベースギターが私)

その後は、ライブ活動も途切れることなく続け、いつしか数十年の時が過ぎ、ある時期から
忙しくなり、ライブハウスでの活動が困難になり、8年前から自社工房にてライブを定期的に
開催するようになり今の年を迎えている。
現在も毎月のライブ以外に、今年で19年目のチャリティー・コンサートや野外でのカントリー
イベントやその他のコンサートをやっている。
d0097038_20125393.jpg

以前のコンサートでの写真。
[PR]
by friedband | 2010-07-07 20:13 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://friedband.exblog.jp/tb/11489341
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< もう2週間経ちました! 青春時代! >>



カントリーバンドリーダー日記
今井せいじのもう一つの顔
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
フォロー中のブログ
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧