friedband.exblog.jp

カントリーミュージックと音と家具の毎日
Top
神幸祭本番
昨日、神幸祭の本番が行われました。朝6時50分の準備から8時に倉見神社をスタート
し、全ての行在所を13箇所回りながら、倉見の全てを練り歩くと言うか、廻る。
それにしてもとっても時間が掛かる。
私は朝から神社の方で、接待の役が有り、様々な儀式が執り行われ、発興間際で、無事
を祈って「乾杯」その後出発をしたが既に予定より15分くらい遅れた。
昨年は、最終的に2時間の遅れで、神輿が神社に納まったのが夜9時と言っていた。
その後の儀式が全て終了したのは22時をかなり廻っていたとの事で、今回はその様な事
がない様に気を使った。

神輿を送り、それが終わってから、自分の地域に行って、皆で前日の途中までになって
いるテントの設営や、神輿を迎えるための接待(菓子や飲み物の準備等がたくさんある)
をして、神輿を待った。

昨日と違って、今日は御婦人達の応援が多く順調に進んだ。
私の役員としての仕事は、神輿を見て楽しんでいる時間は無く、自分達の所が終わると
今度は、神社の接待が待っているのでのんびりしている時間はまるで無かった。

神社に神輿が帰ってきたのがもう真っ暗の19時過ぎで、神輿を治めてから更に神輿を
担いだ人たちへの接待があり、終わったのは20時過ぎで、早朝から延々と夜遅くまで
祭り漬けの一日であった。実に14時間に及ぶイベントであった。

地域によっては非常にこの様な行事を大切にしている。
d0097038_19533347.jpg


町内会の役員は初めての経験でやる事が多いことと、いつでもこの様な行事に限らず、
役員以外のときでも参加しておくことがどれだけ大事か思い知らされた。

自分の町内会に神輿が来たときに行う行事で、神輿のこれからの町内の皆さんの健康、
安全、繁栄などを願って榊を上げたあと、神輿を役員が担ぐのだが、南町町内会に着いた
ときには昼食後のせいか、担ぎ手が少なく、私が入ったときにはバランス悪く私の方に3人
しか居らず、反対側に大きな人達が集まってしまっているので、神輿が傾いた。傾いても、
湘南地域でも重量級の倉見神輿は起きない。
このまま数十メートル担いで移動したのだが、必死に担いだため骨を強打してしまった。
筋肉と骨が大きく晴れてしまった。

昨日は疲れて行事をこなしているので、いろいろなことが有り、麦茶が足らないので近くの
スーパーで2リットルを14本購入し駐車場の凸凹でカートごと前に転び“もんどりうって”
転んでしまう等、怪我や痛みの伴う事が多かった。

疲れてきて、体の動きは悪くなり、足は上がらないなど、年々厳しさが増していることを
実感した1日でした。

d0097038_1954280.jpg

しかし、神輿が神社に入ってからのクライマックスは実に感動します。

d0097038_19544513.jpg

親の肩車で小さな子供も参加、この先も神輿は安泰です。

見ている人が、「おいさ、おいさ」の掛け声を誰ともなく、一声二声!段々と神社にいる
何百人の中から掛け声が起き、次第に盛り上がり、神社の中を3週する頃には最高潮に
達し、一つの“うねり”があった。
私も声を出しながら、その渦の中で、何十枚とシャッターを押していた。

身震いをするほどの感動を覚えた。鳥肌が立ちます。
また来年経験するのだが、皆さんにも是非見ていただきたいと感じました。

しかし、とっても痛みの伴う二日間だった。
[PR]
by friedband | 2010-09-13 20:01 | 日常 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://friedband.exblog.jp/tb/11913120
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 今週から次の準備 1週間前の抜糸 >>



カントリーバンドリーダー日記
今井せいじのもう一つの顔
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
フォロー中のブログ
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧