friedband.exblog.jp

カントリーミュージックと音と家具の毎日
Top
お袋の初めてのお彼岸。
6月24日に亡くなったお袋が向かえる初のお彼岸で女房と赤坂のお寺に出かけました。
休日は、工房に来客が良くある為にほとんど休めなく、留守に出来ないので、スタッフが
仕事をしている平日に行動しています。
間もなくお袋が亡くなってから3ヶ月目の月命日です。
お袋が私に良く言っていました。身体を休めなさい! 旅行にでも行きなさい! 
働くばかりが能じゃないよ! ちゃんと休んでいるかい? こんな言葉をいつも私に口癖
のように言ってくれていました。
d0097038_19533774.jpg



今まで余り感じなかったことでしたが、昨年の「ガン」の手術の頃をさかいに、体力的にも
厳しさが増し、6月にお袋が亡くなったことによりいろいろな事を実感するようになりました。
おととい女房がふっと言葉をもらしました。
もう余り仕事したくないね! こんな事は、ここ2年位前からたまに口にするようになりまし
たが、一般的には世間では、自分のペースでユックリ仕事やら何やらをしている年齢に
なっているのですが、それでありながら、相変わらず日常に追われている現在の状態!

数年前から云っている旅行に行こう! も何度と無く話は流れてきてしまっています。
今年こそは必ず実現させる気持でいますが、いつもその時期になると何かの予定が
入ったりしてしまうのですが、何としても行きます。
こんな事を云っていました。
15年くらいの寿命としたら、今のまま仕事をしていたら、最後まで仕事で終わってしまう!
そんな事を考えると、もう仕事はどうでもいいかな? チョット投げやりですが、私もそう
思います。

事業を、伸ばすも伸ばさないも次にやるものが考えればいい事で、その先がどうかを私達
が考えていたら何時までも離れられないのです。

もっと楽しまないといけないな!
発散する場のない女房は本当! 苦労かけていますし申し訳ないなと思います。
帰りの車の中でも、しきりに話していました。
正直、お袋が亡くなった今、お袋を最後まで楽しい生活を送ってもらいたいと思いつつ
やってきたことが、もうしなくて良くなってしまった現在! 目標を一つなくしてしまった現在!
何か、仕事の頑張りが半分は消えかかっているようにも思えます。
その消えかかった気持を、もっと楽しむ為の時間にしないと!

一昨日も、六本木を往復しましたが、今日も、お寺がある「溜池」叔父さんが入っている
ホームの「柿の木坂」地元に帰って「茅ヶ崎」最後に、もう真っ暗になっていましたが、明日の
会場の「茅ヶ崎里山公園」と, ガソリンが半分以上も減るほど走り回りました。
年です! 目が疲れました! 頭が重いです! 体がだるいです!

ビルに囲まれたうちのお寺さんはアメリカ大使館やアークヒルズや高層ビルのマンションに
囲まれています。
d0097038_19563780.jpg

d0097038_19565843.jpg


周りに大使館が多いため、いつもお寺さんはお巡りさんに守られています。
ご苦労様です。
[PR]
by friedband | 2010-09-22 19:59 | 日常 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://friedband.exblog.jp/tb/11962674
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< ともかく「茅ヶ崎ジャンボリー」 連休日の“なか日”? >>



カントリーバンドリーダー日記
今井せいじのもう一つの顔
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
フォロー中のブログ
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧