friedband.exblog.jp

カントリーミュージックと音と家具の毎日
Top
昨日、CDが3枚届きました。
BLAKE SHELTONの6曲CDが1枚、SAMMY KERSHAWのアルバムが1枚、
MARTY STUARTのアルバムが1枚の3枚ですが、何時頼んだのか忘れた頃に
届きましたが、全て2010年に発売のものですからそんなに経っていないです。
SAMMY KERSHAWはいつも思うのですが、若い頃からかなりGEORGE JONES
の影響を受けているのかなと思っていました。
今回のアルバム“Better Than I Used To Be”は特に楽しみにしていました。
その中でも、“I Ain’t Fallin’ For That”と自作作品の“Takin’ The Long Way
Home”は、いい曲です。
SAMMY KERSHAWと言うと何故かケイジャン・スタイルの音楽を想像できますが、
人の良さそうな感じが音楽とは別に好感が持てます。
d0097038_19334146.jpg


もう1枚のMARTY STUARTのアルバム「Ghost Train」の中でも、“Drifting Apart」”
はスティールギターがRALPH MOONEYが参加(善4曲の内5曲に参加)
BUCK OWENSの初期の頃のアルバムを思い起こさせてくれるMARTY の歌と
RALPHのスチールがとてもいいです。
全部を聞く前は、結構ロックな感じか、ブルーグラス色が強いかと思いましたが、かなり
1曲1曲に相当力を入れた作品になっているように私は感じました。
Crazy Armsのインストルメンタル・ナンバーが入っていますが懐かしいRALPH
MOONEYの演奏ですが、1960年代にカントリークラシック(今だからそう云う)の演奏を
何曲か聞いたときに記憶がある。

いずれにしてもRALPH MOONEYのスティールギターがとてもいい!
ここまでシッカリ作ったアルバムも久しぶりだ。
“Little Heartbreaker”はRALPH MOONEYがWAYLON JENNINGSと一緒に
活動していた頃を髣髴させる。

やはり最後には、MARTY STUARTはマンドリンを弾いてしまった。
私にとっては、いい時代のサウンドを少し思い起こさせてくれたアルバムであった。

10月9日は本来ならフライドバンドのスタジオライブですが、寒川のイベント
「ふれあい健康フェスティバル」と重なり、ライブは中止になりましたが、野外の芝生の
広い公園ですのでピクニック気分でカントリーをお聞き下さい。
演奏時間は12:10~13:10ですのでお弁当を食べながら楽しんでください。
我々の会では合わせて、木工教室と押し花絵教室を開催いたします。
d0097038_19344589.jpg


小雨程度なら開催すると思いますが、バンド演奏は出来ないので、天候が悪い場合は、
何時も通りのスタジオライブを行います。
お問い合わせ下さい。
今週末にもう一度お知らせします。
[PR]
by friedband | 2010-09-28 19:36 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://friedband.exblog.jp/tb/11995056
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 2週間目の検診など! 今日から1週間が始まりました。 >>



カントリーバンドリーダー日記
今井せいじのもう一つの顔
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
フォロー中のブログ
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧