friedband.exblog.jp

カントリーミュージックと音と家具の毎日
Top
ギターを1本!
今日は、楽器の話です。
チョット小振りの、ほんのチョットだけ小振りのアコースティックギターを手に入れる
べく、注文しました。
主に弾き歌い用に頼みましたが、何故かワクワクします。
今、弾き歌い用に大事にしているギターが有りますが、かなり使い込んでいい音が
してきました。
いろいろなメーカーが有りますが、何でもかんでもいいのではなく、自分の声に合った
ギター、自分の技量に合ったギターを探し続け何本か手に入れましたが、弾き歌い用
には、大事に使い込んでいるGUILD F-30RNTがあります。
これはもう新しいものを手にしてから35年近くになります。
初めは使いこなせなく、結構重荷になっていましたが、良く鳴ります。
番組の生弾き歌いの時に良く使いました。
ON AIRの時の狭いスタジオではギターのボリュームに歌が負けています。
数年前に手に入れたSimon & Patrick Woodland Folkも今、お気に入りの1本
です。
どちらもマイクが仕込まれていないタイプですが、ライブの時はTAKAMINEのエレアコ
を使っています。
このTAKAMINEのギターも今では世界中で使われる様になり、カントリーシンガーは
良く使っているようでした。(今は、Taylor Guitarが多くなりましたが)
d0097038_19383574.jpg

(写真の左に有るFender Telecasterも1970年代に手に入れたものです。
使いこなしていませんが!)

このTAKAMINEを私が手に入れたのは、相鉄線の三ツ境にライブをやるお店があり
毎月演奏をしている頃ですから、もう30年になります。まだまだエレアコが主流でない
頃でした。
どれも結構古いギターになりましたが、ここで1本新入りのギターが手に入るのが楽し
みです。どんな音がするものやら、弾き歌いには向いてソウです。

ますます、アコースティックな弾き歌いのライブが多くなるような気がします。
来年からは、必ず、アコースティックライブを定例化しようと思います。


今日は、朝10時少し過ぎに出かけて、工房に戻ったのが夕方の6時半頃、ずっと車で
打ち合わせに出かけていましたが、東名高速の集中工事の為、一般道路での移動は
流石に時間がかかりました。
[PR]
by friedband | 2010-10-12 19:48 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://friedband.exblog.jp/tb/12068187
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 閉所恐怖症! 昨日の夢! >>



カントリーバンドリーダー日記
今井せいじのもう一つの顔
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
フォロー中のブログ
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧