friedband.exblog.jp

カントリーミュージックと音と家具の毎日
Top
PORTER WAGONERは好きですか?
中学生の時に、ウエスタンギターを手に入れ、高校1年(48年前)のとき
ウエスタンバンドを組んだ!
そのころ手に入る音源と言えば、今とは比べ物にならなく少なく、英語も
分からないことだらけ、カタカナでヒアリングしたりで、今から考えると幼稚
とも思えるが、当時は、真剣に取り組んでいた。

進駐軍放送(810)から聞くことができるカントリー(カントリー&ウエスターン)
は新鮮そのもの、国内放送では、洋楽が聴けるのは「ラジオ関東」があった。
こんな時代に、流れてきたカントリーミュージックは記憶している物も少なく、
Roy Acuff、Eddy Arnold,Hank Williams,などは良く覚えている。
今から50年近くも前のことでは、当時のカントリーは別世界の音楽!
そんな中でも、初めて聞いたPorter Wagonerの音は更に別の音であった。
彼のバンド、The Wagonmastersが奏でる音は更に違っていた。
特に際立っていたのが、バック・トレント(Chales Wilburn Trent 1938.2.17)
のエレキバンジョーの音、今でこそなんでもない楽器になっているのだが、
その演奏スタイルも新鮮だった。

初めて「ベンチャーズ」がモズライトギターを披露して、新宿の厚生年金会館
大ホールを揺るがしたあの歪んだドライブのかかった音と同じ感覚だった。

当時、聞いたPorter Wagonerの歌の新鮮さはいうまでも無いが、亡くなる
数年間にマイナーレーベルで録音したアルバムは、絶品!(私は思います)
年齢からくる説得力は言うまでも無いが、聞く人をひきつけるものがある。

来客の多かった(昨日は5件)と比べて、今日は、スタジオで片付けをしながら
晩年のPorter Wagonerの歌声を堪能した。
明日は、The Wagonmastersに在籍していたノーマ・ジーンとドリー・パートン
を少し書いてみます。

一日中、スタジオに流れていたPorter Wagonerのアルバムです。
d0097038_1941549.jpg
d0097038_1943079.jpg

明日は、聞く時間があったらPorter WagonerのGospel 2008をジックリと!
[PR]
by friedband | 2011-08-17 19:07 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://friedband.exblog.jp/tb/14366688
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< Norma Jeanと Dol... 暑くて、忙しい日が! >>



カントリーバンドリーダー日記
今井せいじのもう一つの顔
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
子猫の名前は「なれちゃん..
by friedband at 18:44
猫の名前が 「まれ」だ..
by fm-i-samukawa at 12:48
ブログ開設しました! ..
by fm-i-samukawa at 09:01
いろいろとジョニーの心遣..
by friedband at 01:16
今井さん、鹿児島カントリ..
by johnny 鹿倉 at 11:17
そうだ!2016年は放送..
by friedband at 13:03
今年の元旦は日曜なので、..
by friedband at 13:02
2016年元旦は放送した..
by chii at 11:07
ジョニー鹿倉さんおはよう..
by friedband at 09:55
今井さん、こんばんわ! ..
by ジョニー・鹿倉 at 17:46
フォロー中のブログ
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧