friedband.exblog.jp

カントリーミュージックと音と家具の毎日
Top
CONNIE SMITHとJEAN SHEPARD
CONNIE SMITHとJEAN SHEPARDのタイトルをどちらを先にしようか迷い
ました。 どうでもいいことですが、私には微妙なのです。

CONNIE SMITHは言うまでも無くNo1ですが、今から48年も昔のこと、
当時、綺麗に歌うカントリーウエスタンが多い時代に、私は、JEAN SHEPARD
の今まで余り聞いたことが無い様な“しゃがれ声”“しゃくれ声”のとりこになり
ました。
同時に、男の歌手では、JOHNNY HORTONの“しゃがれ声”“しゃくれ声”に
夢中に!こんな声でカントリーが、と言うよりか、この声こそカントリーとも思えます。
彼女の「Second Fiddle」は最高です。
因みに、ホークショウ・ホーキンス(ご主人だった)も大好きです。

ついでにHAWKSHAW HAWKINSについて、飛行機事故で当時の大スター
3人、PATSY CLINEとCOWBOY COPASとHAWKSHAW HAWKINSが
慈善興業の帰りの悪天候の中、18時02分に飛び立った小型機は、間もなく
18時20分に山腹の森に激突して亡くなった。人気全盛の3人であった。
1963年3月5日の出来事だった。

JEAN SHEPARDは今まで現役時代に73枚のシングルを数えています。
彼女のヨーデルを交えた歌唱法は大好きですが、カバー曲も自分のスタイルで
様々な曲を歌っています。
こんな素晴しい歌い手が一番輝いている時代のカントリー聞いて来れたことは
私自身幸せだと感じます。

CONNIE SMITHについてはメチャメチャ大好きで、未だに綺麗でチャーミング
な姿に憧れます。
40年以上前に来日したときはときめきました。「Once a Day」を聞いたとき涙が
溢れました。22年前のオープリーでの姿も美しかった。
そして今、やはりいいですね!
d0097038_17391269.jpg

このアルバムはブランソンでのライブ盤で1993年に52歳のときの音源です。
14日に70歳になり、未だに輝いています。 MARTY STUARTが羨ましい!

もう一人の好きな歌い手のTANYA TUCKER、年こそ間もなく53歳ですが、
歌い手としての経歴が40年になります。
昨日トトちゃんよりリクエスト頂きましたTANYA TUCKERは来週お掛けします。
毎年、10月10日の彼女の誕生日に合わせ、前後の週で彼女の歌をお送りして
いますが、来週もお楽しみに!

何人も書いてしまいましたが、40年以上たった今でも、新しいサウンドで録音
すれば、今時の若手歌手よりはるかに素晴しいです。
若手の特に女性の歌い手にカントリークラシックのアルバムを出して欲しいです。
[PR]
by friedband | 2011-08-20 17:44 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://friedband.exblog.jp/tb/14385965
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 義弟の四十九日に 本日ON AIR >>



カントリーバンドリーダー日記
今井せいじのもう一つの顔
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
フォロー中のブログ
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧