friedband.exblog.jp

カントリーミュージックと音と家具の毎日
Top
2日のON AIRで!
「ガン」の手術をした日が、丁度、2年前の放送の日でした。
放送後に、いろいろメールも頂きました。
「おふくろ」が無くなって1年2ヶ月が経ちました。
私の「ガン」の手術のときも生放送ができなく、病院から携帯電話でコメントを
する!と言う番組の流れになっていました。
私が、退院して、私の元気な姿を見とどけ、9ヶ月弱で「おふくろ」が亡くなり、
通夜の晩が“放送日”でした。

初めて、他のメンバーにON AIRを任せなくてはならない状態で、選曲だけ
して、曲に対する思い出を書いた事があったのを忘れていて、2日の放送で
アシスタントの佐藤さんから、大好きなIn The Gardenを掛けた時、「おふくろ」
の思い出を私が語っていたそうです。(川名さんが文章を読んだそうです)

ある面優しく、ほとんど厳しく、そんな「おふくろ」でしたが、兄と比べると、私は
「おふくろ」と居た時間が長いだけに思いでもたくさんありました。

都心(ほぼ渋谷)にありながら、庭のある楽しい家でした。
小学生、中学生と庭でサボテンを育て、日曜大工で温室を作ったり、更に小さな
頃は、お袋が夏にホースでシャワーの様に水をかけてくれた事を、今、思いだし、
その頃がよみがえってきます。
近所の子供も集まったところで、ホースシャワーが良く始まりました。

中学、高校のときは、ほとんど、私と、おふくろの生活が多く、部活も早めに
切り上げ、食事の支度の少しの手伝いを毎日のようにしていました。
そんな生活も当たり前のように年月が過ぎましたが、女の友達に関しては、とても
厳しく、高1でバンドを始めた私に、女の子から良く電話がかかってきましたが、
ほとんど取り次いではくれませんでした。
そんなこともさほど、苦にもならず、楽しい毎日でした。

やがて仕事をするようになってからは、「おふくろ」に随分心配をかけました。
22才から23才にかけて(7ヶ月の闘病生活)十二指腸潰瘍で十二指腸の全摘の
胃を4分の3切除した手術のときは、42年前の医療で余り良くなく、金も掛かる為
数百万の百斤をしたのでは!(当時、埼玉あたりの家1件分とききました
何があっても“息子のために”今考えると、本当に子供に献身的な“母”でした。

とても厳しくも、優しい「おふくろ」でした。
最後まで、泣き言も言わず、息子、嫁さんに迷惑を掛けずに旅立った
「おふくろ」にHats Off(脱帽)です。


今、女房やそして皆さんが、“母”の様な人生でありたい!と行ってくれることに
私は、誇りを持っています。

今も毎日自宅や工房に遊びに来てくれているようで!

工房には、「おふくろ」がなくなる2ヶ月頃まで作っていた陶芸が飾ってあります。
是非ご覧ください。

今日はこれから、倉見最大のイベント「神幸祭」の全体打ち合わせです。
[PR]
by friedband | 2011-09-04 18:06 | 日常 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://friedband.exblog.jp/tb/14490206
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< ふれあいフェスティバル 台風の多い年! >>



カントリーバンドリーダー日記
今井せいじのもう一つの顔
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
子猫の名前は「なれちゃん..
by friedband at 18:44
猫の名前が 「まれ」だ..
by fm-i-samukawa at 12:48
ブログ開設しました! ..
by fm-i-samukawa at 09:01
いろいろとジョニーの心遣..
by friedband at 01:16
今井さん、鹿児島カントリ..
by johnny 鹿倉 at 11:17
そうだ!2016年は放送..
by friedband at 13:03
今年の元旦は日曜なので、..
by friedband at 13:02
2016年元旦は放送した..
by chii at 11:07
ジョニー鹿倉さんおはよう..
by friedband at 09:55
今井さん、こんばんわ! ..
by ジョニー・鹿倉 at 17:46
フォロー中のブログ
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧