friedband.exblog.jp

カントリーミュージックと音と家具の毎日
Top
懐かしい木工と音楽(スピーカー)3
注文家具屋としての取り組みパート3
音にも段々満足しなくなった私が、遂にメーカーのステレオを
買いました。
当時35000円の電蓄を発展させたような三洋電機のコンソール
タイプのステレオを杉並に有った「和泉電気」から購入した。
未だ当時は月賦販売が整備されていない時代で、唯一、月賦
販売の先駆けの「緑屋」が自宅の近くの渋谷道玄坂にあったが、
子供は利用できないので、知り合いの電気屋さんから10ヶ月
均等払いで金利無しの信用販売で購入できた。
毎月の3500円は小遣いの殆どと、アルバイト代と足りない分は、
お袋が出してくれたが、殆ど出してもらったような気がする。
父親が居ない私に対し、お袋が不自由しないようにととの心遣い
と優しさでさほど不自由の無い毎日だったことも思い出す。

サイドボードのようなステレオにエコーが付いた画期的な物だ!
今では、邪道とも思えるエコーが何と付いているのだ!
音の抜けはとても悪いのだが、聞いた事も無いようなエコーの音!
風呂の中でステレオを聞いているような音! 誰が考えたのだろう!
楽器好きが考えたのかな?なんて考える。

こんな格好のステレオでした。

d0097038_1930072.jpg


いつか作ろう!そんなときが来たのが、今から二十数年前に木工を
こころざした時から始まりました。
木工専門の技術しかできないスピーカー作りをやろう!
こんな気持ちが“むらむら”と燃え上がり。絵だけは描いていました
ので、大まかなデザインはすぐ決まりました。

音響に関しては、何年間もアルバイトでオーディオショップでバイトを
していて、昔のジャズ喫茶(ロックでないジャズ喫茶です)の音響工事
の手伝いなども屋根裏に入っての工事やら大きな物の取り付けも
何度も経験し、いい音を聞くことに慣れていました。
(当時の、まだまだ高価な“ゴトウユニット”なども扱っていました)
その当時の音響やさんは小泉さんといって当時私より倍以上の年齢の
40半ばでした。
今健在であれば90歳くらいでしょうか?
いろいろなことも教わりました。

タンノイ、アルテック、ジムランシング、素晴しい音がたくさんありました。
シンプルで綺麗で、懐かしいいい音!
[PR]
by friedband | 2011-09-08 19:32 | オーディオ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://friedband.exblog.jp/tb/14519037
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 毎月の様に音楽イベントが! 懐かしい木工と音楽(スピーカー)2 >>



カントリーバンドリーダー日記
今井せいじのもう一つの顔
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
ブログ開設しました! ..
by fm-i-samukawa at 09:01
いろいろとジョニーの心遣..
by friedband at 01:16
今井さん、鹿児島カントリ..
by johnny 鹿倉 at 11:17
そうだ!2016年は放送..
by friedband at 13:03
今年の元旦は日曜なので、..
by friedband at 13:02
2016年元旦は放送した..
by chii at 11:07
ジョニー鹿倉さんおはよう..
by friedband at 09:55
今井さん、こんばんわ! ..
by ジョニー・鹿倉 at 17:46
危機管理が出来なくて、町..
by friedband at 01:45
町役場の危機管理課は ..
by chii at 15:27
フォロー中のブログ
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧