friedband.exblog.jp

カントリーミュージックと音と家具の毎日
Top
“元気になって”の思いが
もう44年も前の事!渋谷の自宅に居るころでした。
私が十二指腸潰瘍で入院。そして手術をした時の事!
入院してから退院まで7か月と云う月日を病院で過ごしました。
当時まだまだ医療が進んでいなく、胃を4分の一切除し、
十二指腸腸を全摘出の手術をし長い闘病生活をしていた頃の
事です。

このころの医療では、胃は切っても時間が経てば元に戻ると
言われました。22歳の頃、吐血をし都内の大きな病院で
検査をし、名だたる病院で癌を告げられ、若いながらショックで
落ち込んでいました。

落胆し、毎日、酒を飲む日が続き、胃痙攣もひどくなり、吐血を
することも多くなり、体力も哭くなり74キロあった体重も47キロ
まで落ち、数か月(8か月位)経った頃遂には意識がなくなり、
救急車で入院になりました。

入院から意識が戻ったのは4日が過ぎてからの事でした。
長い入院の間には、多くの患者を診てきました。
私よりかなり年齢の上の人たちが頑張っているのに! 

今でも当時、お世話になった看護婦さんや入院患者の
皆さんを思い出します。
入院時は医者も見放したと聞いています。

入院費もとてつもなく掛かり、保険が適用できない薬や、
病室の負担金でお袋には大変迷惑を掛けました。
今日、お袋にお線香をあげていてそんな事を急に思い出し
ました。 私がかなり回復してきた頃の事、同じ入院患者の
お爺さん(今の私より少し上)の人で代々木上原に住んでいる
「平間さん」が強く健康になる様にと私に大きな「若武者の人形」を
プレゼントしてくれました。

d0097038_2065826.jpg

未だに、自宅の箪笥の上に飾ってあります。
退院してからお礼に伺いましたが、平間さんも手術をしていても
とっても元気な方でした。 もう、亡くなっていることと思いますが、
健在であれば115歳くらいです。
穏やかな顔をしたお爺さんでした。

今迄、若い時から手術を約4年前の癌の手術まで5回繰り
返していますが、未だにかなり元気でいられるのも、多くの
人たちに支えられてきたのだと感じます。
何時まで頑張れるか分かりませんが、自分にできることで
お返ししたいと思います。

[PR]
by friedband | 2014-01-20 20:10 | 日常 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://friedband.exblog.jp/tb/20256039
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 知り合いのパン屋さん「シュシュ」 地元を知ろう「ちょい体験」 >>



カントリーバンドリーダー日記
今井せいじのもう一つの顔
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
ブログ開設しました! ..
by fm-i-samukawa at 09:01
いろいろとジョニーの心遣..
by friedband at 01:16
今井さん、鹿児島カントリ..
by johnny 鹿倉 at 11:17
そうだ!2016年は放送..
by friedband at 13:03
今年の元旦は日曜なので、..
by friedband at 13:02
2016年元旦は放送した..
by chii at 11:07
ジョニー鹿倉さんおはよう..
by friedband at 09:55
今井さん、こんばんわ! ..
by ジョニー・鹿倉 at 17:46
危機管理が出来なくて、町..
by friedband at 01:45
町役場の危機管理課は ..
by chii at 15:27
フォロー中のブログ
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧