friedband.exblog.jp

カントリーミュージックと音と家具の毎日
Top
あれから4年が経ちました。
お袋が無くなってから早4年が経ちました。
最後まで見事な生き様だったお袋でした。

私が23歳になる年に十二指腸潰瘍で十二指腸全摘をし、胃を
4分の3切除する大きな手術をし、その時から私の病気の事で
お袋には随分と迷惑をかけてきました。
その後も腹膜炎、腸閉塞と大きな手術をし、女房にもお袋にも
心配の連続だったと思います。

私自身は病気にあまり気にせず仕事にのめり込むので、気が
付くと何時も手遅れの救急車でした。

お袋が亡くなる9か月前に私が癌で入院した時も数年前に
大腿骨骨折で手術をして杖を突くようになったお袋が、車椅子
に乗って、私を見舞ってくれました。
最後の最後まで、心配をかけっぱなしでした。

私が自宅を建てお袋を寒川に呼んで一緒に住みましたが、78歳
位の同じ年の友達が出来ずに、趣味の事をやっていたいと云う
ので、町田でノンビリやっていく!こんなことで農協の団地を
借りてあげ、一人暮らしを始めました。それは私にお袋の所へ
通う事と、経済的にも2つの世帯なので大変でしたが、今迄の
事を考えるとお袋の好きなようにやってもらおうと女房と話、
11年間、好きな様に楽しんでもらい、離れて見ていました。

お袋が亡くなった翌年に、東日本大震災が起こりました。
もし、お袋が一人でいたら、大怪我をしていたに違いないとも
思っています。自分が好きな、昔からの茶箪笥などをいつも
近くに置いていましたので、おそらく全部倒れて大怪我をして
いたのではと思います。

大腿骨を骨折してボルトが入っていても、ノンビリ一人でやって
居たいと云う気丈の母親でした。
一人でノンビリと云うよりは、お袋なりに、私たちに迷惑を掛け
たくないと云う気持ちと思いやりだったと感じます。
最後まで、陶芸が好きだったお袋の現役最後の作品が焼きあがり
通夜の日にみんなの前に飾られました。(生き様が凄い!)

私が好きな作品です。
d0097038_188955.jpg

d0097038_1882611.jpg

d0097038_1815244.jpg

自宅のお袋の部屋に飾られています。
未だに、お袋の部屋です。

[PR]
by friedband | 2014-06-24 18:15 | 日常 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://friedband.exblog.jp/tb/20842436
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 今年の「福祉フェスティバル」は? 明日で4年 >>



カントリーバンドリーダー日記
今井せいじのもう一つの顔
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
フォロー中のブログ
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧