friedband.exblog.jp

カントリーミュージックと音と家具の毎日
Top
昔の医療器のお世話に!
6月頃から腰の痛みが酷きくなり、時には歩く事さえ
厳しい時もあり、薬で痛みを押さえられなくなって
きました。

昔、今から45年位前にスキーに行った時、途中で
眠くなり車の中で仮眠をする際に暖まらないので、
ラジエターの前を半分くらい新聞紙で風よけを作った
時に、ラジエターがオーバーヒートの状態になって
寝ぼけた際にボンネットを開けラジエターキャップを
開けてしまい、頭から顔から腕に至る各部を大火傷し、
その治療に「コーケントー」と云うカーボンを燃やし
熱を当てて温めて治療するもので、火傷はほとんど
消え治ったことが有る。
d0097038_1985027.jpg

潜水夫の潜水帽の様です。

その後、腰痛が酷い時に新宿にある工場まで買いに行き
今まで使うようになったが、最近ではメッキリ使わなく
なり、腰痛も簡単に薬で治すようにしていた。

腰痛が酷い時は、夏場でも厚めにして腰に暫く当てて
いると楽になる。
久し振りに「コーケントー」の世話になり始めた。
7月の浜降祭ではかなり歩き腰に来たが、9月に有る
「神幸祭」では朝早くから夕方までほとんど歩くので
今から、ジックリ光線のお世話になり、越の痛みを
軽減することに努力します。

時間的に間に合うかどうかのところです。
幾ら医学が進んで薬が良くなっても、昔からある
物も理にかなった素晴らしいものが有ります。
内臓にも効くのですよ! 
昔、東大病院でも使っていたと聞きました。
今まで何かにつけ使っています。

[PR]
by friedband | 2014-08-28 19:09 | 日常 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://friedband.exblog.jp/tb/21057881
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 本日生歌生放送 夏休みも終盤に! >>



カントリーバンドリーダー日記
今井せいじのもう一つの顔
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
フォロー中のブログ
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧