friedband.exblog.jp

カントリーミュージックと音と家具の毎日
Top
心優しき店長
今朝の読売新聞の「貧困・子供のSOS」記事より。
少年が高校の同級生を殴って傷害事件になったという記事で
この少年が3歳の時に両親が離婚をした。その後、祖母と、
母親、少年(当時3歳)と妹の4人暮らしで、母親が介護士で
生計を立てていたという、少年が中学生の頃に母親が家を出て
暫く帰れないと言い残したそうだ!その後、もう家には戻ら
ないと云う事になったのだ!他の暮らしを始め子供達を捨てた
と云う!何と非常なことである。

以前に戻るが、その少年がガソリンスタンドでアルバイトを
して、それと祖母の年金で細々と暮らしていた。
傷害事件を起こして、裁判で普通なら少年院に送られると
云う事だが、アルバイト先の店長が引受人として裁判所に
嘆願書をだし、保護観察処分になり、再びその店長の下で
ガソリンスタンドの店員とし働く事が出来た。

裁判所でその嘆願書が読まれ少年は大粒の涙を流したという!
嘆願書を提出したガソリンスタンドの店長も、子供の頃親を
亡くしていたことが有る。
こんな経験のある大人が、少年のような子供達を更生させる
システムが出来ると落ちこぼれる子供も減るのでは。

心の貧しさや、様々な事から逃れる若い母親が少し目立って
この様な事件も増えたようだ!
我慢をしなくなった時代が起こす事件なのか?

私も1歳になる前から母親と祖母に育てられた。
母親だけの寂しさはあるもの、時代が時代で、何事も我慢
の時代で少年期を過ごしたが、今の時代では私達では
考えられない事が多く様々な形でのケアが必要なのか?


しかしながら、親としての自覚のない親が多くなっている
のは事実のようだ!


我慢が出来ない大人が多くなった。
[PR]
by friedband | 2015-02-19 19:30 | 日常 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://friedband.exblog.jp/tb/21570809
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 本日ON AIR ふれあいサロン >>



カントリーバンドリーダー日記
今井せいじのもう一つの顔
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
子猫の名前は「なれちゃん..
by friedband at 18:44
猫の名前が 「まれ」だ..
by fm-i-samukawa at 12:48
ブログ開設しました! ..
by fm-i-samukawa at 09:01
いろいろとジョニーの心遣..
by friedband at 01:16
今井さん、鹿児島カントリ..
by johnny 鹿倉 at 11:17
そうだ!2016年は放送..
by friedband at 13:03
今年の元旦は日曜なので、..
by friedband at 13:02
2016年元旦は放送した..
by chii at 11:07
ジョニー鹿倉さんおはよう..
by friedband at 09:55
今井さん、こんばんわ! ..
by ジョニー・鹿倉 at 17:46
フォロー中のブログ
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧