friedband.exblog.jp

カントリーミュージックと音と家具の毎日
Top
我が家のチーコさん
我が家に着て17年目になった猫のチーコさんが昨日天国に旅たちました。
シャムの血筋が入った青い目をした子で、我が家で猫が一緒に住むきっかけになったのが
チーコさんでそれから猫が絶えたことはありません。
d0097038_11384094.jpg
自宅、会社あるいは自宅と会社を毎日
私と一緒に通う子も居たりそれは賑やかで、数年前に亡くなったチャリと今、たった一人になってしまったランちゃんは会社に打ち合わせに来るお客様やライブに来るお客様、勿論バンドのメンバーには良く慣れ、馴染んでいた子達でした(ランはまだまだ10年以上は大丈夫でしょう)。

古い工房の時は一時期13匹の猫達が会社に住み着いていました。数匹の猫は工房の中に住み、後の数匹は工房裏の木材が沢山積んである中で寝泊りをして朝になるとご飯を食べ、その後はてんでに寛ぐ毎日で、工房の中が吹き抜けになっており天井まで6メートルくらいあり、高いところの好きな猫たちはその手すりで数匹が寝、また数匹は表のデッキで寛ぐ毎日でした。13匹までに増えたのも初め飼い猫が3匹くらいで、そのうち会社の前に病気の猫を捨てていく人がたびたびおり半分はその様に状況で増え、またあるものは仲間を呼んで増えていきました。
それでもすべての猫が喧嘩をする事無く、共に共存していたのも珍しい気がします。
元々犬好き人間であった自分がここまで猫が好きになったのも良くわからないが、亡くなったチーコさんの影響かなと思える。数年前に亡くなったチャリの場合などは、もう我が子を育てる母親のごとく、野良さんの母猫が車に轢かれその時に生まれてしまった猫がチャリで、育て方の判らない私と妻は、薬局でスポイトを買いそれで必死にミルクを与える毎日、置きっぱなしに出来ないのでチャリが6ヶ月になるまでは(オスの場合は匂い付けをするので去勢手術が出来るまでの間)私と毎日車で工房まで通勤を毎日で、生まれて間が無い頃は私のジャンパーのポケットで通勤でした。そんな猫たちも今はランだけになってしまいました。
昨日も、妻とこの先また新たに飼う事があるだろうかと話ました。猫の寿命を考えると15年先には我々が裂きに逝くことが有ったら誰が見るのだろうなどと考え、今居るランちゃんでおしまいかなとも思いました。
今ランちゃんが5年、平均的に考えると我々が70歳頃までは一緒に居てくれればいいか!
今までの子たちの分、ランちゃんとの時間を大事にしよう!
[PR]
by friedband | 2007-09-01 11:41 | | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://friedband.exblog.jp/tb/6064784
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 2007創作展のお知らせ アメリカンミュージック・ショッ... >>



カントリーバンドリーダー日記
今井せいじのもう一つの顔
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
子猫の名前は「なれちゃん..
by friedband at 18:44
猫の名前が 「まれ」だ..
by fm-i-samukawa at 12:48
ブログ開設しました! ..
by fm-i-samukawa at 09:01
いろいろとジョニーの心遣..
by friedband at 01:16
今井さん、鹿児島カントリ..
by johnny 鹿倉 at 11:17
そうだ!2016年は放送..
by friedband at 13:03
今年の元旦は日曜なので、..
by friedband at 13:02
2016年元旦は放送した..
by chii at 11:07
ジョニー鹿倉さんおはよう..
by friedband at 09:55
今井さん、こんばんわ! ..
by ジョニー・鹿倉 at 17:46
フォロー中のブログ
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧