friedband.exblog.jp

カントリーミュージックと音と家具の毎日
Top
カテゴリ:家具・職人( 53 )
先週から今日にかけて
先週から今日まで、本業の家具製造の事が忙しく、久しぶりに現場にも
一緒に出掛けました。
その間、今年辞めたスタッフのポジションを埋めるための募集をしたところ
1名募集に8名の応募があり木曜日の朝から晩まで1日をかけて全ての面接と
簡単な図面のテストを行いました。
年齢も様々で20歳から36歳まで、年から云うと私の息子かそれ以下の年齢で、
話しているうちに自分の息子と重なってしまう事もありこの全と有る青年達を選ぶ
事の重さを実感しました。
皆それぞれの持ち味があり、無理して2人採用しようかと思ったくらいだが、
今の世の中の状況ではそれをする事のリスクが大きく断念しました。
今年の暮れ頃には頑張ってこの中の青年を更にスタッフとして迎え入れたいと
思う一日でした。

今年4月から、3年間の休職から目覚めた土江(前澤)さんが復帰!!
新スタッフが4月から入ります。
10数年越しで進めてきたオーディオにも更に取り組んで生きたい!!
数年間言われ続けている木工教室も復活できそうです。
[PR]
by friedband | 2009-03-23 19:41 | 家具・職人 | Trackback | Comments(0)
ギターアンプ完成
昨年から試作をしていたギターアンプが完成しました。
本体の素材は12㎜のコア材に10mmに挽いたアルダー無垢材を貼り、一枚の板を作り、
それを各寸法に切り回し組み立てています。組み立てには音のビビリを考慮し外側の
組み立て部分には一切ビス釘は使わずホゾ、ダボなどの方法を用いています。
アンプは、出力50Wでトーンコントロールのトレブル、ミドル、バス、とボリュームのみで
インプットもシングルの非常にシンプルな個人ユースのアンプです。
プリ部分にチューブ仕様と成っています。
スピーカーはJENSEN社の12インチを組み込みエレアコからエレキギターまで使えて
ビンテージなサウンドを可能にしている。
本体の仕上げは、ナチュラルオイルを塗り、アルダー無垢材の持つ色を自然発色させ、
使い込むほど、経年変化で風合いが出てくる仕上げにした。
d0097038_136242.jpg

全体的には木工の専門としての技術を生かし家具的な作りと真空管の存在を強調しました。
真空管の部分の窓には型板ガラスをはめ込んで有り安全性を考慮しています。
次回作品は本体を一回り大きくしエミネンスの12インチSPを組み込んで出力100Wのギターアンプ
製作と15インチSPを組み込んだベースアンプを予定。
素材としては、ウォルナット風に仕上げてみようかな!!
 
[PR]
by friedband | 2009-03-07 13:19 | 家具・職人 | Trackback | Comments(2)
倉見整形外科にて第2回作品展
倉見整形外科にて第2回作品展が2月24日より開催されました。
前回に引き続き、写真「花」(大越敏男氏)、トールペイント(山田由紀子さん)、
写真「アメリカ」(今井せいじ)、陶芸「パネル・茶碗」(今井律子)、木工芸(和田龍太)、
木工芸「ドールハウス・小物」(土江渉子)、ステンドグラス(吉田浩一)、
水彩画「野路の花達」(吉田和正)、きり絵(燈中道子)など展示しています。
どれも楽しい作品ばかりです。
患者さん以外でも見ることができます。
d0097038_1340028.jpg

水彩画と陶芸
d0097038_13402146.jpg

写真「花}
d0097038_13404365.jpg

きり絵、など素晴らしい作品ばかりです。
[PR]
by friedband | 2009-02-25 17:09 | 家具・職人 | Trackback | Comments(0)



カントリーバンドリーダー日記
今井せいじのもう一つの顔
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
フォロー中のブログ
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧