friedband.exblog.jp

カントリーミュージックと音と家具の毎日
Top
<   2008年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧
昨日のライブありがとうございました
昨日のライブは、午後から雨と言う天気の中、大勢の皆さんにお出で戴きまして大変有難うございました。予想以上の来場者の為、厨房班が大変だったようですが順調に進み「ホット」しました。スタッフの皆さん、何時もながら厨房をお任せっきりで有難うございます。
今回、初めて参加していただいた皆さんも多く、世田谷や日野からお出でいただいたり雨の中のライブでありながら!! 本当に有難うございました。
昨日のライブが、スタジオが完成して12回目のライブで来月6月28日にライブで丁度1周年と言う事になります。
来月のライブは1周年記念ライブとして派手にいきましょう!!!

次回ライブ6月28日是非おいで下さい。

中角さん、村田さん、高橋さん、素晴らしい歌を聞かせくくれた沢田さん、麻生さん、寺田さん、山室さん、三村さん、山口さん、加藤さん、遠藤さん(お父さん、お嬢さん)、そして、何時も何時も参加してくれている皆さん本当に有難うございました。

24日に写真を撮られていた方が何人か居た様に思いますが、米元さん、村田さん、中角さんかな? 撮っていましたら良さそうなのをデーターで戴けますか?
[PR]
by friedband | 2008-05-25 19:50 | Trackback | Comments(3)
新茶の香りとーー
今朝台風が去ってパネルと棚などを取り付けに行きました。
知り合いのお茶屋さん「お茶のまるしげ」に着いたのがAM10時を少し回った開店間もない頃、店内にはお茶を挽く匂いでいっぱいで台風が去った蒸し暑い中でも心地よさが充満していました。作業はお昼前には終わり、新茶で入れていただいたお茶を一杯ご馳走になりました。程よい濃さと甘さがあいまって絶妙な美味しさです。私も今86歳の母が茶道の師範をやっていたせいで様々なお茶に馴染んでおり、世界中いろいろなところから入ってくるコーヒー豆とは違って、一年に一度しかない新茶の季節! 今が一番いい時期です
d0097038_16191699.jpg

画像ではなかなか読み取れないですが、お茶にもいろいろな種類が有るのがわかります。d0097038_1622568.jpg

(画像は「まるしげさん」のブログの写真を使わせていただきました)。
たまにはこんな場所で一日を過ごしたらいいですね!
雑踏の中では過ごせない年齢になったせいかな? 
仕事の打ち合わせでお客様と話をして感じるのですが、段々人の心が自然回帰しているような事を多く感じられるようになりました。

「お茶のまるしげ」のブログです。  優しいご家族に会いに行ってください。
marusige88.exblog.jp
お茶の配送もしてくれます。
[PR]
by friedband | 2008-05-20 16:38 | Trackback | Comments(0)
5月のライブ
今月5月のライブは予定通りの24日(第4土曜)に行います。
皆様お出で下さい。

d0097038_19403978.jpg

ライブ告知の中の写真が何時もと違っていますが、最近は孫の陽花「はるか」が遊びに来ると必ず大きなアンプに腰掛キーボードを弾きながら歌を歌っています。スタジオジャックに会うのです。それでも私は笑って満足しているのです!
24日お待ちしております。
[PR]
by friedband | 2008-05-18 19:45 | Trackback | Comments(3)
偉大なるEDDY ARNOLDへ
5月の8日の朝カントリー歌手の偉大なるEDDY ARNOLDがテネシー州フランクリンの老人ホームで90歳になる1週間前に89歳で亡くなりました。
d0097038_19534833.jpg
今年の3月に66年間連れ添った最愛の奥様のサリー・ゲイハート・アーノルドさんに先立たれ追うようにしてなくなった。奥様に先立たれてと言うので、ジョニー・キャッシュウェイロン・ジェニングスの時を思い出しました。やはり、男は最愛の人が居なくなると駄目なのだなー、と実感しました。(他人事ではないな!)
EDDY ARNOLDは150曲近くのカントリートップ100のヒット曲を持ち、そのうちの28曲が
ナンバー・ワン・ヒットを持つカントリー界で正にNo1の歌手なのです。
因みに2位の記録を持っている、ウェブ・ピアースでさえ11曲でダントツのトップスターです。
私がカントリーバンドを始めたのが1963年(高校1年の時)その頃歌っていた曲は、今フライドバンドで新たに取り組んだI'll Hold You In My HeartやBouquet Of Roses等とハンクのヒット曲などでした。1919年5月15日にテネシー州ヘンダーソンの農家で生まれ、1936年にラジオデビューし、1940年にはグランド・オール・オープリーに出演し、1944年にRCAビクターの専属としてスタートし、2004年に再びレコーディングをする活躍は驚くものがあります。
記憶に新しいところでは1999年にリアン・ライムスとのヂュエットで名曲「キャトル・コール」を吹き込み健在ぶりを見せてくれました。70年近くRCAに在籍し生涯現役であったEDDY ARNOLDはCHET ATKINSと並ぶRCAの重鎮と言える。
フライドバンドが今新たに取り組んだI'll Hold You In My Heartは、何と私が生まれた年にヒットしたのです。今新たにフライドバンドが取り組むのも何かの縁というか不思議なものです。先週のON AIRでは当日に分かった為少ししかふれることが出来ませんでしたので今週16日に特集を組みます。

5月のライブは24日に予定通りにおこないます。

最近、ガンチャンが毎週のように電話をくれます。何時も云われる事は俺より先に逝くなよ!
[PR]
by friedband | 2008-05-14 19:56 | Trackback | Comments(2)
寒川音楽祭PART-2
寒川音楽祭が終わり、日常に戻ったところから何時もの様に水戸への打ち合わせ等が始まった。ここ数日スタッフや出演の皆様より電話やお手紙を戴き有難うございます。
玉井産婦人科バンド玉井先生より「ぼたん」の花の美しいはがきでお便りを戴きました。
もう10数年になるでしょうか、我々もチャリティーコンサートを始めた頃から、なかなか寒川にはいい音楽が根づかないと思っていましたが、何時でも文化活動がやりやすい状態に無かったというのがなかなか栄えていかない要因の一つであったような気がします。でも今回たくさんの素晴らしい音楽活動をされている皆様と会う機会が持て、引き受けさせて頂いたことに感謝しています。今までコンサートではジャズバンドとのジョイントコンサートなどもおこなって来ましたが寒川にこんなに素晴らしいジャズバンドが存在したのは私としては大変嬉しい次第です。
私が水戸から帰る夜遅くに、寒川音楽祭に出演いただいた「寒川女声合唱団・コール四季の会」。楽しくも美しい歌声を聞かせてくれた皆さんより書き込みを戴きました。音楽祭当日は、舞監として忙しかったため皆さんの写真をとる事もできなく皆さんを紹介するものが玉井さんのジャズしかありませんでしたが、「コール四季の会」のHPより勝手に借りてきましたので紹介いたします。
d0097038_1965852.jpg

私は、皆さんにのびのびと歌ってほしい・・・。1人1人が持ち備えた最高の音を合わせて1つのハーモニーを作っていく。そういう風にしていきたいなぁ・・・。」 とコール四季の会を指導している
上原正敏先生ですが、本当に皆さんがのびのびと楽しんでいるのが良く見えました。特に上原先生が自分自身が楽しんで、メンバーをのせていく情景を窺えました。
本当に素晴らしい人たちがたくさん出演してくれた「寒川音楽祭」2回、3回と末永く回を重ねて生きたいと感じました。(先ずは若いスタッフを育てるのが先決かな!)

素晴らしかったプレイヤーを少し紹介します。
d0097038_19351817.jpg

d0097038_19353348.jpg

ドラムは良く取れましたが、ピアノは後姿のみです(舞監なので舞台の袖から失礼!)
ドラムの山口さん、ピアノの山口誠さん、
d0097038_19354743.jpg
テナーサックス玉井滋さん、クラリネット寺田紀子さん、気持のいい私の好きな音色でベースを聞かせてくれた山口さんの名演です。
スタッフ、出演者の皆さん、会場に来て楽しんでくれた皆さん本当に有難うございました。

来年の第2回目をお楽しみに!!!
[PR]
by friedband | 2008-05-08 19:37 | Trackback | Comments(4)



カントリーバンドリーダー日記
今井せいじのもう一つの顔
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
フォロー中のブログ
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧