friedband.exblog.jp

カントリーミュージックと音と家具の毎日
Top
<   2008年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧
コンサートの二部がスタートです
休憩の後二部のスタート!
フライドバンドをバックに片山誠司君の登場です。片山君もホリプロからデビューしてもう15年も経ったのですね!(私の次男と同じ年で我が子のような存在です)
コンサートでは良く漫才ではありませんが「ダブルせいじ」で一緒に良く歌を歌います。
これからのカントリー界を背負って立つ若いシンガーに会場も満足でした。
d0097038_17341338.jpg

今回のコンサートでクラシックカントリーを新しい感覚で聞いてもらうの趣旨に良い曲を聞かせてくれました。

次に登場は、前回はバンド演奏の時にステージで踊りを見せてくれた荒川京子さんとWAKE UP TULSAの登場です。

躍動感のある荒川京子さんのダンスとWAKE UP TULSAの楽しくスマートに見せてくれたダンス。
d0097038_17562320.jpg


ステージの最後にホストバンドの我々フライドバンドの出番です。
何時も言われる事ですが、話が多くはないのですが「話が長い」との声も多いので、たくさん歌えるように2曲続きMC 、2曲やってMC、1曲やってMC,4曲やってMCと言う具合に考え、11曲歌と、1曲演奏をやってしまいました。何か頑張りすぎて、とっても疲れました。
d0097038_1874867.jpg

この後、募金贈呈。
d0097038_18105252.jpg

に続きフィナーレを迎えます。

d0097038_1814204.jpg

今井せいじ、片山誠司、今井志津男の3人の歌で会場と大合唱の
YOU ARE MY SUNSHINE

d0097038_1818926.jpg

ラストに、玉井滋さんのサックスと出口誠さんのピアノ、そしてフライドバンドで全員で名曲
ON THE SUNNY SIDE OF THE STREETの演奏で終演となりました。

「頑張りすぎて疲れる理由」1、私自身がホストバンドを率いるバンマスでコンサート実行委員長の2役の為2、とてもスタッフが少ない為、AMCC前日まで全て2人で完了させ何時も準備が終わるのが時計が回った2時近くなのです。20回に向けもっと増やすぞ!3、何かにつけいいこと悪い事全てが私のところに来るのです。 

PS:正直言って、時分の出番の時に、他が押し気味で演奏時間が少なくなると本当はホッとして嬉しい時が多々あります。
でも始まると、一生懸命歌っているのです。

よって、少ないスタッフ解消に来年手伝っていただける方を募集します。
今年はスタッフが3名増えましたがまだまだ足りませ~ん。
どなたか手伝ってくださ~い
[PR]
by friedband | 2008-09-28 18:39 | Trackback | Comments(0)
チャリティーコンサートから1週間
早いものでチャリティーコンサートから1週間が経ちました。
ハワイアン、ジャズ、カントリーといろいろと見せ場があり、雨にも負けず、大勢の心豊かな来場者の皆さんで盛り上がりました。この調子ならあと3年後の20回記念コンサートは間違いなく会場を約900人の来場者で溢れる事を実感しました。
当日の模様を紹介します。
一、二部とも見せ場をいろいろ考え満足してもらえるような構成を考えてのスタートです。
オープニングには関谷瑠美チャンの司会でスタート。コンサートになくてはならない存在です。左に居る叔父さんは始めだけです。
d0097038_1702272.jpg

もう10数年定位置になっているハワイアンのファニーアイランダースの演奏で幕が開きました。
d0097038_16583219.jpg

何時もアットホームな演奏、ウクレレの小澤一美さんは(もう、ちゃんと呼べなくなった)は10月出産をひかえ大きなお腹に小さなウクレレがチョコンと乗っていたのが印象的でした。演奏もグーでした。
2番手はジャズの玉井産婦人科カルテットです。素晴らしい玉井滋氏の癒されるサックスの音色に会場の皆さんは十分堪能したようでした。
d0097038_1712785.jpg

d0097038_17123455.jpg

メンバー全員素晴らしい演奏を聞かせてくれましたが、その中でも4月に行った寒川音楽祭(私は舞台監督を努めさせてもらいました)に知り合うことが出来た大ファンになってしまったピアノの出口誠さんの演奏をピアノの直ぐ横で聞く事が出来ました。
一部の最後にAMCCの目的の一つの聴導犬育成の会の松田さんの話の後休憩になりました。

休憩の後二部に続く。
[PR]
by friedband | 2008-09-28 17:27 | Trackback | Comments(0)
コンサートご来場有難うございました
9月21日アメリカンミュージックチャリティーコンサート(AMCC)にご来場有難うございました。開場前のドシャ降りの雨で一時はどうなる事かと思いましたが、音楽を好きな皆さんの心の温かさを実感しました。あの雨の中を本当に良くお出でくださいました。改めてお礼を申し上げます。
スタッフも少ないメンバーで良く頑張ってくれ本当に有難うございました。
コンサートを何時も協賛してくれている企業の皆さん、今年から参加していただいた皆さん、それと趣旨を理解していただき個人協賛をしていただいた皆さん有難うございました。
今まで毎回大きな赤字を出していましたが、今年は最小限のマイナスで済みました。
来場の皆様からお預かりしました募金も126430円になり、
寒川町社会福祉協議会、聴導犬育成の会、日本ユニセフに全額寄付させて戴きました。
コンサートの様子や写真は日曜まで掲載します。写真が多いので少しずつ!
[PR]
by friedband | 2008-09-26 17:37 | Trackback | Comments(0)
いよいよ21日です
いよいよコンサートまであと5日!
今までにもまして今年のコンサートは聞きものです
本格的なジャズの演奏がたっぷり聴けることと、フライドバンドがコンサートに向けて
初めてリハーサル
を先日しました。
これだけでも尋常ではありません。
これにリハなしでコーラスが加わるかも!
カントリーダンスのショウもあります。(歌にあわせて踊るだけではありません)

見所満載のコンサートが無料で見れるのもここだけ!

入場料は要りませんがチャリテー募金をお願いします。

会場でお待ちしております。
[PR]
by friedband | 2008-09-17 20:55 | Trackback | Comments(0)
福祉を考え始めたきっかけ Part2
今から思えば、初めてチャリティーコンサートに参加したのがもう20数年前の事、何回か、いろいろなコンサートに参加した。そのコンサートがどれもがスタート時と2回3回と回数を重ねるうちに趣旨が変っていってしまうことが殆どで、仕事の場が減ってきたカントリーなどのミュージシャンの働き場(見せ場)だったりすることが多くなった。
必ずと言っていいほど永続きせず数回で終わる。
そんなコンサートを経験しているうちに、長崎で普賢岳の災害が起き、これをきっかけにチャリティーコンサートがスタートした。
コンサートの趣旨が、先ず募金は全額寄付しようと言うもので、運営費などの掛かる費用は出演者、スタッフ、協賛者の援助で賄おうと決めた。
入場料は500円で入場者約220人(満員)には成るが、まだまだ協賛が少ない頃としては、約4万円の赤字! 2回目も満員だが同じくらいの赤字! 3回目から場所を湘南台の文化センターに移し入場料は500円のままで、5回目まで行ったが、毎回6~7万円の赤字! でも経費はコンサートの趣旨通り募金は全額寄付を貫いた。(正直運営が厳しい)
6回目から地元、寒川に場所を移し、スタートさせたが、ホールが公民館扱いの為、入場料は取っては駄目と言うのだ。

チョット無駄な話!!
これもおかしな話、町の主催でそれなりの入場料を取っているコンサートがたまに行われたりするけどチャリティーが何なのか良くわからない。
丸投げの良くあるコンサートなのだろう! チョット名前の売れていた歌手などが来ている様だ。でもこんなコンサートは良く人が入り、収益を上げているようだ!
どのくらいのチャリティーなのだろう?

入場料を取らない代わりに社会福祉協議会の後援で減免、施設利用料が半額になる、これは良いが、ホールが古いのとキャパが約900名近く入るホールで音響も大変、全てボランティアでやるのはとってもキツイ!!
6回から寒川で始めてもう17回目になる。
15回目から町の主催以外は減免無しの施設使用料全額出費となり、コンサート運営も火の車で今まで来た。

正直今までコンサートを止めようと思った事は数回あった。あまりにも続けていく事の難しさ!
17回目を向かえる今年、赤字が無くなるとまでは行かなくても少なくとも僅かな負担で済むくらいにまでなった。
スタッフ、出演者の協力と、今までコンサートを支えてくれた協賛社に更に数社の理解を示していただいた協賛社が数社増えた。
また、個人で協賛してくれる人なども増え非常に楽になった。
昨年初めて会場の半分以上が埋まった。今年は、協力者や理解者が増え、何か!!
楽しみが大いに出てきた。

いよいよ、コンサ-とまで後2週間大勢来てください。
[PR]
by friedband | 2008-09-08 19:35 | Trackback | Comments(0)
福祉を考え始めたきっかけ Part1
今でこそ、福祉だとかチャリティーの言葉が日常何の抵抗も無く使うようになったが、我々が本格的に福祉の活動をコンサートやバザーなどを通して積極的にやろうと言い始めた頃、まだまだチャリティーやボランティアと言う言葉に拒否反応を示す人たちが多かった。
今からもう25年以上いや30年近くも前の事、ラジオチャリティー・ミュージックソン(ニッポン放送)の第1回目の時、まだまだチャリティーに対して関心度が薄い頃ではあったがパーソナリティーの萩本欣一氏のパーソナリティー度の偉大さであろうか、一晩中放送される中、子供達の積極的なかかわりを聞いているうちに、子供達がここまで頑張るんだと感心した。仕事で夜中の2時頃から車で出掛けていた私の心が次第に聞いている事で感激している内、子供達が一生懸命参加しているのに、傍観者になりたくない、自分も何かをしなくてはと感じるようになった。丁度茨城県の筑波から少し東京よりの所だったと思う。募金を集めているチャリティー・カーの何号車だったかは覚えていないが、土浦から東京に向かって走行中との事だった。参加するチャンスだ!! と考え走っている車に直ぐ渡せるように千円札2枚を握り締め車を止めチャリティー・カーを待った。私との距離は10数キロも離れているだろうか、待つ時間の長い事、初めてこのような経験をする勇気がいることをこのとき知った。「やめよう、やろう、やめよう、やろう」と東京に向かって2回も移動した。
自分の中での勇気の無い私の心の葛藤があったのだ。
勇気を出し今度こそは絶対渡そう!! 
子供達のような素直な、純粋の心で関わる事の大切さを改めて感じた。
その時のチャリティーカーに載っていたのは、私の記憶ではまだまだ若かった毒蝮三太夫さんが乗って募金活動をしていた。 もうかなり昔の事のように思える!
[PR]
by friedband | 2008-09-02 11:09 | Trackback | Comments(0)



カントリーバンドリーダー日記
今井せいじのもう一つの顔
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
子猫の名前は「なれちゃん..
by friedband at 18:44
猫の名前が 「まれ」だ..
by fm-i-samukawa at 12:48
ブログ開設しました! ..
by fm-i-samukawa at 09:01
いろいろとジョニーの心遣..
by friedband at 01:16
今井さん、鹿児島カントリ..
by johnny 鹿倉 at 11:17
そうだ!2016年は放送..
by friedband at 13:03
今年の元旦は日曜なので、..
by friedband at 13:02
2016年元旦は放送した..
by chii at 11:07
ジョニー鹿倉さんおはよう..
by friedband at 09:55
今井さん、こんばんわ! ..
by ジョニー・鹿倉 at 17:46
フォロー中のブログ
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧