friedband.exblog.jp

カントリーミュージックと音と家具の毎日
Top
<   2010年 06月 ( 36 )   > この月の画像一覧
悔いを残さぬように!
何度考えても無念さが残ります。
ある意味で、母は、みんなに迷惑を掛けないように、いろいろ考えた末に自分で全てを
決め自分なりにけじめをつけたのです。
それは、誰が見ても、誰が聞いても、素晴らしい母です。
確かにそのとおりです。
でも、私にとってはとっても残念です。
母と居る時間をもっと作りたかった以上に、もっともっと、私達に迷惑を掛けて欲しかった!
悩ませて欲しかった!
こんな事を、日曜から、ずっと女房と話すことがあります。
今まで、正直言って、大変な事はたくさんありました。結婚してから数年後に、お袋の体調
が不安定になり、渋谷の自宅まで、仕事を終えてから夜中に週に2,3度往復する事が
数年間続いた事もありました。
でもそんなことは、反面嬉しい事なのです。
母親に限らず、子供と言うものは、親に褒められる嬉しさ! 頼られる嬉しさがあって、
満足感が得られるものだと思っています。
毎日のように女房と顔を見合わせては、もう褒めてくれる人が居なくなったね!
毎晩こんな言葉が、何度も出ます。
また、こんな言葉も出ます! この部屋の何処かに居るようだね!
きっと居るのですね! そしていつも見守ってくれているのだと感じています。
母の作品を見て、みなさんいろいろと感じてくれています。
直接話しをしたことはないけど、優しいお袋の作品に触れていたいと、ピアノの清水のりよ
さんがメールをくれました。
麻上さんもお手紙で母の作品について話を聞かせてくれました。
皆さんの心に残っていただける事はとっても嬉しい事です。
お袋は、逝ってしまったけれど、私達には、たくさんの悔いが残りました。
あれをやってあげたかった! これもやってあげたかった! 限がないくらいあります。
しかしお袋はそこまでは望まないと思いますが、自分自身に悔いが残らないように生きる
事は難しいな!と改めて感じました。

もっと我儘を言って私達を困らせて欲しかった!

皆さんから、お袋の作品についてとってもいい評価をしていただいていますので、今日も
掲載させて頂きます。
d0097038_2071464.jpg

6月中頃のお袋が入院してから、作品を紹介してきました。
以前も紹介しました私が大好きな急須です。改めて紹介させてください。
大好きな作品です。
私が欲しくて大事に持ってきたのですが、車で運ぶのに絶対壊れないようにタオルケット
に包んできた際、もう何もないと思って持ち上げた布団の中から蓋が出てきて、駐車場の
舗装面に落ちました。
割れてしまいましたが、上手く修復してありますが、見れば分かります。
残念でした。

今、毎日がほとんど眠る事が出来ない毎日を過ごしています。
寝付いてから、起きるまで、2~3時間で24日から続いているので、少々バテ気味で、
倉見整形外科でリハビリと治療をしてきました。
注射でも段々効かなくなってきましたが、生まれた初めて、今晩から安定剤を飲むことに
しました。眠れると言いのですが!

その時言われました。
寝るときに背中から、腰の辺りを“擦って貰う”と眠れる事がありますよ! とリハビリの
ベテラン(私が絶対的に信頼をおいてる白浜さん)に言われました。
私が、十二指腸潰瘍で、吐血をしていた頃、お袋が、そんな時には良く私の部屋に来て、
背中を擦ってくれて眠りにつくことが良く有りました。
リハビリの最中に思わず思い出し、涙が出てきました。
もう40年以上前のことで、お袋も48歳の頃でした。
[PR]
by friedband | 2010-06-30 20:08 | 日常 | Trackback | Comments(0)
暫くは無気力で!
25日、26日で母の葬儀が終わり、日曜から悲しんでいる間もなく早朝から遅く
までの毎日が始まりました。
今日、息子とスタッフと一緒に出かけ、仕事を手伝いながら、つくづく、考えました。
自分の生き方を、母が更に教えてくれたようでした。
ただ、今の私の状態は、とっても無気力に近い状態で、今までとは違って、いろいろな
面で欲がなくなっています。

暫くはこのままで居よう!
カントリーも一切聞かない!
ギターも触ることもない!
歌を口ずさむ事もない!
少し疲れた! かなり疲れた!
暫くはこのままで居よう!


母の作品を一つ見てください。
d0097038_20364940.jpg

私は、和菓子でも「水羊羹」や「くず桜」などの冷やしておいしいものが好きで、この器で
是非食べてみたいです。
「舟和の芋ようかん」「舟和のあんこ玉」今年は、母の残してくれた器で食べてみよう!

今日は、いろいろ皆さんからメールを戴いたり、電話も戴きました。
私のお袋とほぼ同じ年のお母さんを持つ菅野さんより電話をもらいましたが、自分の事の
ように感じたようでした。(母親の年が同じでチョット病気がち)
私もよく知っているお母さんです。
気をつけてくださいね!

佐藤さん、今日は有難うございました。
無気力の私をかなり感じたと思いますが、もう少し、無気力で居させてください。
[PR]
by friedband | 2010-06-29 20:37 | 日常 | Trackback | Comments(0)
ライブ中止のお知らせ等
6月24日、母、今井律子が亡くなりました為、7月のライブは中止いたします。
尚、49日の納骨を7月31日に行いますので、それまでは、喪に服し、音楽などの活動
を控えさせて頂きます。
8月からは通常通りに行いますが、9月5日のチャリティー・コンサート、
10月のパーティーや10月9日のライブの日に、寒川中央公園での野外コンサート、
10月23日の茅ヶ崎里山公園でのカントリーの野外イベントなどがあるため通常の
ライブ予定が、変更になると思います。
計画を練って告知いたします。


私にとっては、偉大な母でした。
人は生まれたときから運命を背負っていると言います。
いくら無茶しても、運命が尽きるまでは大丈夫と私は信じています。
そんなことを、お袋も判っていたかのように、全てを自分で決め自分の通りに最後まで
シナリオ通りに、みんなに迷惑を掛けたくないと言っていたように、綺麗に最後を迎えた。
こんな一言で片付けられないが、“カッコ良すぎる”生き様を見せてくれた。

私も、女房も、もう泣き疲れました。

陶芸を一つ紹介します。
d0097038_1935643.jpg

どれ一つをとっても好きな作品です。
[PR]
by friedband | 2010-06-28 19:35 | 日常 | Trackback | Comments(0)
有難うございました。
一昨日の通夜、昨日の告別式の葬儀と、滞りなく終わりました。
母の意志で、静かに家族だけでと言う生前からの意思と、派手な事、贅沢が嫌いな母
の気持をくんで、静かに送らせていただきました。
皆さんにはご連絡もせずに申し訳有りませんでしたが、母の希望をかなえて行わせて
いただきました。
音楽関係も、兄弟のように高校生の頃から50年近くお袋と接してきた丸山君には出席
していただきました。ご承知下さい。

とても、穏やかな顔で旅たちました。

有難うございました。


今日も早朝からの町会の行事の為、頭が整理できていません。
今晩も7時から浜降り祭の打ち合わせなどでバタバタしています
ので明日から書き込みます。
[PR]
by friedband | 2010-06-27 17:45 | 日常 | Trackback | Comments(0)
今日の放送
今日の放送は、ピンチヒッターで、相方の川名さんと宮下さんなどでお送りします。

聞いてあげてください。
[PR]
by friedband | 2010-06-25 10:56 | 放送・FM 湘南 | Trackback | Comments(0)
訃報です。
母が亡くなりました。

今日午後1時55分、静かに息をひきとりました。89歳でした。

とても優しい顔で寝ていました。

25日、通夜で、26日告別式のため、暫く書き込みが出来ません。
[PR]
by friedband | 2010-06-24 21:20 | 日常 | Trackback | Comments(0)
病院へ!
母の様態が思わしくありませんので、この後の書き込みが?

明日の放送も少し心配ですが!

ともかく町田の病院へ行ってきます。
[PR]
by friedband | 2010-06-24 13:53 | 日常 | Trackback | Comments(0)
旅!
岩堀さんから旅に行きなさい!のラブコールを戴きました。
一番いい季節に北海道に行って来たようです。
思い起こせば今から13年前の今頃、私達は丁度、25年目の銀婚式を迎えていました。
結婚してから25年間旅行もしていなかった私達が初めて二人で出かけた、旅行会社の
企画の安い北海道旅行のたびでした。
4泊5日の新婚旅行もお金がないために1泊で帰ってきて自宅にこもっていた事をその時
も話したように記憶していますが、子供が成人するまでは絶対に二人で旅行には行かない
と決めていた私達ですが、次男も二十歳を過ぎ、行く決心をして勇んで出かけました。
始めてみる景色に年甲斐も無くはしゃいだ事でした。楽しみにしていた、富田ファームの
ラベンダー畑と芝桜は見られなかったものの、初めて見たルピナスの花が一面に咲いた
花畑には驚きました。
d0097038_194753100.jpg

今回、岩堀さんが送っていただいた写真は当時を思い出させてくれるものでした。
d0097038_19482493.jpg


今心残りが有ります。
お袋をもう一度、旅に連れて行けなかったこと!
もう歩いていく事は出来ないでしょう!
一度だけ、1日息子達に時間をもらって、お袋が思い出のある山梨の昇仙峡に連れて
行ったことがあります。
若い頃の思い出の場所だそうですが、どんな思い出かは聞いていませんが!
昇仙峡の山道は年配者にとってはとても歩く事は大変ですが、女房が手を引いて片方
には杖を突いてシッカリとした足取りで一番奥の滝まで辿り着く事が出来ました。
駒ケ岳の裾の山道も少し歩きました。
良い運動をして、その日は石和温泉に泊まり、たっぷりと運動をした後にお袋と久しぶり
に旨い、ビールとお酒を飲みました。
今、あの場所に行ってもお袋どころか、最近の私達では厳しくなっているのかな!

気分転換に旅に出たいですね!
こう見えても、高校生の頃は、ウインタースポーツが好きで、バイトをやって貯めては、
良く遊びました。
冬場になると毎週のように、上野発の23時59分の夜行列車に乗って湯沢高原、岩原、
石打の何れかのスキー場に居たものです。勿論、蒸気機関車です。
1シーズンに15回くらいは行ったでしょうか?
未だに時間があったらスキーに行きたいと思うことがあります。

数年前になりますが、バンドのメンバーと白樺国際スキー場に行った事が懐かしい!
そう言えば、バンドの合宿に数年間スキー場で行ったこともありました。
バンドの合宿は、私が20代、ガンちゃんが30代の頃! とても昔の事ですね!

今日は、メグちゃんの月命日で、もう10年と1ヶ月も経ちました。
約半年の命でしたが、その後の付き合いのほうがはるかに長くなりました。

今から11年前のこと、徹夜仕事が続き、今、二人目の子育て中の渉子ちゃんが朝5時
近くまで仕事をし、終わって帰る途中に寒川中央公園に差し掛かった時、未だ目も見えて
いない子猫が道路に出てきてしまったのです。
そのままではひかれてしまうと思った彼女は、走行車線に車を止めて猫を拾い上げたそう
です。
しかし当時アパート住まいの彼女は困った末に、私の自宅に逆戻り朝の5時半頃でした。
結局飼うことにしました。メグという名前は女房が付けました。
私の車が好きで、何時も車の中で寝ていました。
ダッシュボードに居るとぬいぐるみのようでした。
そんな子達と、今日、久しぶりに再会してきました。
「メグ」「チャリ」「チーコさん」みんな、お寺の庭で遊んでいるのでしょうか!
近いうちにまた来る事を約束して帰ってきました。
d0097038_19513529.jpg

チャリはよくメグを可愛がっていました。
d0097038_19522836.jpg

シャムの雑種で綺麗な子でした。

帰ってから延々と片付けが始まりました。後1日で終了させないと!
[PR]
by friedband | 2010-06-23 19:56 | 日常 | Trackback | Comments(0)
お袋の道具の片付け!
先週の土曜から、お袋が退院後兄と同居する為、団地を片付けて、トラックで息子に荷物
を運んでもらいました。
母は、現在入院中のため、何を何処に持って行ったら良いのか判らず、何でもかんでも、
息子が積んで来ました。
懐かしいものがたくさんあります。それにしても良くため込んだなと思うほどいろいろなも
のがあります。
昨日から工房の方で片付けを始めましたが、昔使っていたお茶とお花の看板やら!
珍しいものが一杯です。
その中で、一つだけ中身のない人形ケースがありました。
d0097038_19213268.jpg

もう一つは母の茶室に掛けてあった「一露庵」です。
かなり古く優しく触らないと破けてしまいそうです。

人形ケースで女房と懐かしい話をしました。
今も自宅の寝室に飾ってある若武者のお人形が有ります。
もう42年近く前に頂いたものです。
私が22歳のとき十二指腸潰瘍で入院し手術をしたときのことでした。
当時何箇所もの病院で検査をして、東大病院、虎ノ門病院、慈恵医大、など何箇所もの
病院でほとんどが、癌の兆候があるとの診断でした。
一箇所だけ、当時、六本木に有った中央放射線研究所では癌はありえないという判断
でしたが、ことごとく癌という言葉を聴いて、自分自身が半分やけになったのは事実です。
それからは、半分諦めでアルコールを飲むことが多い毎日で、日に日に量も増えました。
当時飲む酒は、ほとんど安いサントリー・レッドで味はどうでもよくなって、安ければよいの
でした。
約8ヶ月入院までの間、連日のように夜中に吐血があり、胃痙攣の為に壁に頭をぶつけて
堪える日々!
ついに体重も50キロを割り40キロ台にまでなり、遂には意識ものくなり救急車で緊急入院
をしました。
意識も数日間戻らずの状態でしたが、一命をとりとめ入院から約7ヶ月の闘病生活でした。

同じ病院に入っていた、当時70代のお爺さんで平間さんという方でした。
先に退院した平間さんは、あるとき、入院中の私を見舞って、病室に日本人形の若武者を
置いとくように持ってきてくれました。
その時はただのお見舞いの人形としか思いませんでしたが、その後何年もして、考えた
ことがありました。
平間さんは、何も言いませんでしたが、若武者のように強く元気に生きるようにとの思いを
込めて、私に贈ってくれたのだなと感じました。

もう42年前の事! 平間さんには退院後、ご挨拶にお伺いしましたがとても元気でした。
今、健在だとしたら112歳! もう天国に行っていられる事でしょう!

昨日、女房が、武者人形の刀の房が傷んできたみたいと言っていました。
ふと、昔のことを思い出しました。
とっても優しい顔のおじいさんでした。

この武者人形は何時も整理ダンスの私が寝ている側にいます。
女房曰く! 自宅を立てた11年前から、御守として私の側においているのだそうです。

顔を見合わせて、だんだん平間さんの年に近くなってきたね!
d0097038_19232519.jpg

このお人形は、私がもらって42年になります。

だんだん年をとってきたね! 顔を見合わせ納得します。 
といった割には。二人でスタジオの模様替えを今日から始めました。
ステージを本来の位置に移動して、客席も今までとはチョット違ったレイアウトをして
みました。
客席とステージとの距離がとっても良くなりましたが、完全ではありません。
疲れて今日は時間切れです。
また明日からボチボチとやります。
最終的に明後日には音出しが出来全てのチェックが終わります。

明日も頑張って片付けです。
いい音を出せるようにセッティングするのが楽しみですが、うまくいくか?
[PR]
by friedband | 2010-06-22 19:30 | 日常 | Trackback | Comments(0)
痛みは続くものです。
今日は朝からバタバタと!
長男が代休で休みの為、私が早めに工房に出勤しようと早起きをし、早くからシャワーを
浴び着替えている際に、ズボンに足を引っ掛け足と腰をひねり、それからと言うもの腰の
痛みで悩まされ、リンパ腫の抗生剤を飲んでいる関係で、整形の薬を合わせていいのか
確認してからと思い、混雑して居る倉見整形外科の終わり近くを狙ってと思い遅めに行き
ましたが、同じように考えている人が多いのか、とても混んでいました。
リハビリの際にズボンに足を引っ掛けてという理由は、笑われました。
ホント忙しい時ほど落ち着かないといけません。(教訓)

昨日の“押し花絵教室”は8名の参加者で行われました。他予定していた3名の方は都合
がつかず不参加と成りましたが、新しく参加された方が増え、賑わいをましてきそうです。
前回と比べると作品も大きくなり随分と花一杯の作品になったようでした。

私的には、チョット花を入れすぎに感じましたが、私は見ているだけなので?
製作風景と作品を幾つか紹介します。
d0097038_2028372.jpg

d0097038_2029080.jpg

段々要領がわかってきたように思えますが、作る前に自分自身でテーマを決めるようにし
て、それから始めた方が良いのではと、思いましたが、私は見ているだけなので?
前回と比べて、ボリュームの出し方が大分上手くなったな! と感じました。
作品を幾つか紹介します。
d0097038_20292453.jpg

d0097038_20293889.jpg

今回の教室において自分自身で花を押す機械を手に入れたいという方も出てきました。
随分進歩したようで、作品も綺麗に出来ています。
生徒さんの方の気合が強いので私も額縁作りに気合を入れて作らないといけなくなりま
した。 希望はいろいろ有ります。
四角いもの多角形、短冊の様な額縁のリクエストもありましたが、作るのがチョット大変
ですが、工房でやっているよさを生かして、頑張ってみます。
あと2作品の写真が取れませんでした。(素晴らしい出来ですよ)

次回の教室は7月25日の日曜日の午後2時から開催です。
ご希望がありましたら是非参加してください。

母の作品を一つ紹介します。私の大好きな作品です。
数年前に作った急須です。
d0097038_20304352.jpg

いつか使おうと思っていますが、未だ使っていません。
お袋は使うように言っていますが、割ってしまう恐れが有りますので、ためらっています。
(たいがい、女房が割ります)

今日は工房に昔の私のテーマとも言える曲が流れています。
あらためて聞くといい曲です。
今度やってみたい曲です。
Six On The Road、週に6日の旅男、まさに30歳から38歳頃の私そのものです。
その後に独立してからもこんな状態が50歳半ばまでは同じようでした。
今では懐かしい楽しかった思い出です。(今は出来ませんが!)
d0097038_20321460.jpg

[PR]
by friedband | 2010-06-21 20:34 | 創作 | Trackback | Comments(0)



カントリーバンドリーダー日記
今井せいじのもう一つの顔
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
子猫の名前は「なれちゃん..
by friedband at 18:44
猫の名前が 「まれ」だ..
by fm-i-samukawa at 12:48
ブログ開設しました! ..
by fm-i-samukawa at 09:01
いろいろとジョニーの心遣..
by friedband at 01:16
今井さん、鹿児島カントリ..
by johnny 鹿倉 at 11:17
そうだ!2016年は放送..
by friedband at 13:03
今年の元旦は日曜なので、..
by friedband at 13:02
2016年元旦は放送した..
by chii at 11:07
ジョニー鹿倉さんおはよう..
by friedband at 09:55
今井さん、こんばんわ! ..
by ジョニー・鹿倉 at 17:46
フォロー中のブログ
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧