friedband.exblog.jp

カントリーミュージックと音と家具の毎日
Top
<   2010年 08月 ( 32 )   > この月の画像一覧
8月も終わり!
今日あたりになると、コンサートの準備のプレッシャーが目一杯!気持の上で
のしかかってきます。
この時期になると何も手伝わないバンドのメンバーがいろいろと何か連絡が多くなる
もので少し“いらだって”きます。事前告知ですが!
タイムスケジュールもほとんど調整でき、バンドファイルもできと!これは自分に言い
聞かせているのです。
何時もの事で、あー!あれをやっておけば良かった。とか言うことが多く出てくるのも
この時期なのです。
一番大変な看板の直しも一昨日の日曜日に綺麗に完成しました。

いよいよコンサートも783回記念放送もカウントダウンです。
まず、コンサートの2日前に達成する783回放送ですが、思えばいろいろな事が
ありました。
番組を初めて、1年もたった頃に、それまで付いていたオペレーターが、我々の番組は
pm9:00からの為、スタッフが時間外になるので、人件費削減で、ワンマンで放送して
くださいと言う事になった。
ライブでのミキサーは自分で持っていたので使い慣れてはいても、いざ放送用機材は
チョット勝手が違い戸惑ったが、2回で覚えてくださいという事になり何とか覚えこなせる
ようになったが、考えてみると酷い話だ!

局にいるオペレーターは、専門学校で2年間くらいの毎日機材に触れ、いろいろと学ん
できているけれど、そんな経験もない我々に2回で覚えるようにというのは、凄い
プレッシャーでした。
もう、開き直りしかないと思い、機材が思うように使えないときには、話をするという
パターンでスタートしたが、結構上手くいった。
もう一つの上手くいった要素は、土江渉子さんの存在だろう!
あの“とつとつとした”語り口は、私だけでなく、リスナーもホッとした気分にさせてくれた
に違いない。今は2児の母!

放送を始めて3年近くたった頃だろうか? 大分前になってしまったので記憶が定かで
ないが、ポリープになったことがあり、筆談で番組をやったこともあった。

そんなことがありながらも達成するのは無理だろうと思った。
783回の記念放送を3日後に迎えようとしている。
この先の目標は余りのも大きすぎるので(1000回)間違いなく達成は出来そうもない。
d0097038_20371972.jpg


今から何年か前のトミさんが番組にゲストで出ていただいたときの写真です。
何か! 未だ若いですね!
[PR]
by friedband | 2010-08-31 20:38 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
丁度今頃!
早いもので、今月も明日一日となりました。
昨年あたりは、今頃の時期は残暑がいつまでかね! といっていました。
今年は、残暑などとは程遠い、酷暑が毎日続いています。
昨日TV映画で、マグマが都市のど真ん中に吹き出る映画を見ましたが、天地異変が
起きてもおかしくないような毎日の気温ですね! もう既に起きているのでしょか?

丁度1年前のこの時期に「ガンの手術」の入院を控えていた頃でした。
思えば、7月の中頃に喉が痛く、その週の末にライブを控えている為、病院に行った
ところ、腫瘍が出来ていることが分かり、海老名総合病院の口腔外科に行き検査の結果
「ガン」と診断され手術をするように告知されました。
「ガン」と言われた時、午後も更に検査をするというので、女房に電話をしたところ、思わず
涙が止まらなくなったことを思い出します。

たまたま今日事務所でこんな話しをしていました。
入院する事も心細く、入院してから手術が翌日のせいもあり、前の日の夜はねむれ
ないでいろいろな事が頭を過ぎりました。家族の事、友人の事、音楽の仲間の事など、
仕事の事も何を考えても纏まりがつかず、気が付いた時には朝の5時を廻っていました。

平常心で手術をする怖さを改めて経験しました。
手術室に入る大きなドアを入ると関係者か家族しか入れない場所で、そこで家族とは
お別れで、更に手術室に入るドアの奥には、通路の両側に各部屋の手術室と手術台が!
一番奥の手術室まで、左右に各3室くらい有っただろうか、あったように記憶しているの
だが、緊張しているので、よく覚えていないのだ! 手術室の入り口で女房と入り口で
別れてからは、心臓がバクバクしている。
主治医の先生と歩いている廊下の長く感じたこと!
頭の中が真っ白で奥の手術室までの状況がほとんど自分には見えていなかった。
平常心で(?)で自分の手術を待つ手術台の廊下を歩く事の恐怖感は言い表し様の
ないものでした。
無事に戻れたからこんな事も言っていられるのですが!

今までも何度と無く大きな手術を繰り返していますが、救急車で入院し、手術という
パターンでしたので、自分自身の中では、大きな捉え方をするよりか、どうしようかな!
程度でしたが、何時もついていてくれていた、女房にしてみれば計り知れない重圧やら、
大変な思いをしていただろうと思うと、頭が下がります。
改めて、有難うというのも照れくさいので、頑張って、長生きしなきゃ!
今日の検診は無事クリヤーしましたが、来週月曜にまた病理検査です。
コンサートの翌日ですので、疲れすぎないように!チョット心配です。

               9月3日は783回
是非、トミ・藤山さんにリクエストをお寄せ下さい。
アコースティックギターでできるような曲がいいですね!
d0097038_19472063.jpg

懐かしいトミさんの熱演です。

今週は、コンサートが近付き、金曜から、FM湘南の私の特番等が始まる為、全ての
資料作りと機材の用意を木曜までに完了させないといけないのでかなり大変です。
土曜日に、機材と全ての資料をホールに運び込みますので、お手伝い大歓迎!
以前は、当日に搬入してセッテイングからリハをして本番に流れていましたが、もう体力
が持たないので前日搬入にしましたが、それでも大変で翌日の朝が辛いです。
[PR]
by friedband | 2010-08-30 19:48 | 日常 | Trackback | Comments(2)
茅ヶ崎ジャンボリー
9月23日に行う「茅ヶ崎ジャンボリー」の詳細が分かってきましたのでご紹介いたします。
9月23日、茅ヶ崎の内陸側にある(寒川より)里山公演にて午前10時より午後5時まで
延々とカントリーとブルーグラスの野外で行われる茅ヶ崎で第1回目の音楽祭です。
題して「茅ケ崎ジャンボリー2010」です。
全部で13バンドが出演し、内カントリーバンドが3バンドで、我々フライドバンドと
片山誠史バンドとザ・マームが出演します。他はブルーグラスのバンドとポップス系の
バンドが演奏します。
里山公演全体が、23日はアメリカになる!? という触れ込みで、模擬店もたくさん出店
しますので、お昼を買ってのピクニック気分で音楽を聴いては如何ですか?
当日はウエスタンファッションのお店も出店するとの事でかなり賑やかになることと
思います。

当日我々は、トップバッターで演奏しますので、早めにお出で下さい。
d0097038_1819536.jpg


我々のメンバーにとっては10:00からの演奏はチョットきついかな!皆さん楽しみに!
一緒にお弁当を食べましょう!

今日は、佐藤さんが資料作りを手伝っていただきまして、随分進みました。
プログラムの印刷、協賛の印刷、皆で歌おう! の印刷、は完全に出来上がりました。
タイムスケジュールの調整と、バンドファイルの作りこみが終われば先が見えてきます。
夕方7時から、自治会の夏祭りの集まりがあり、この様な何時もの年に無い自治会の
用事が毎月何度もあり、日常の業務にかなり影響していますが、頑張っています。
資料作りは先ほど終わりました。
佐藤さんご苦労様でした。

こんなにいろいろなイベントがたくさん迫っているけれど、バンドの連中は、準備万端
なのだろうか? 


チャリティーコンサートも1週間後になりました。
練習も何にもしていませんが? 
今年はフライドバンドの演奏時間が少し減っています。
出演が、5グループありますから、内容的には相当楽しめますよ!
是非お出で下さい。


明日は、3週間目の「癌検診」です。
何もないだろうと思いつつも、何時も、朝は緊張します。
[PR]
by friedband | 2010-08-29 18:22 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
最近のカントリー
鹿児島のレコードショップ、モッキンバードのジョニー鹿倉さんのお勧めのアルバムを
アマゾンに頼んだところ、今回は意外と早く先日入荷しました。
チョット残念ですが、今までも良くあることで、CDのケースに割れが入っているのには
ガッカリで、今までも、数にすると相当数(30枚くらいはあるでしょうか)届いた時には
割れているのがありますが、もっとシッカリ発送して欲しいものです。
わざわざ1枚を送り返すのも手間が掛かるのでそのままにしています。
d0097038_1754143.jpg

アマゾンに注文した際に、CHERY WRIGHTと他にも、一緒にジャケットの顔が可愛い
のとアルバムについての感想の書き込みがありましたので、良さそうなものを何枚か
頼みましたが、アルバムが到着し、RACHEL PROCTORなど数枚が届きましたが、
残念ながら、やはり私には、繰り返し聞こうとするアルバムでは無かったです。残念です
が直ぐ棚に入りました。
これは、アマゾン等で感想を書き込んでいる聞き手との年齢的なギャップもあるのを
考慮して頼まないと駄目だなと感じました。 こんなアルバムが随分というか、3割くらい
あるでしょうか! 私自身が何時も、CONNIE SMITHのような歌い手の若い頃を求めて
いるのだと思います。
年齢的にはそれぞれの同じ時期のものを聞いても妥協できない部分があります。

しかしこのアルバムは、かなり聞けます。
d0097038_17583551.jpg

CAROLYN DAWN JOHNSONはCHERY WRIGHTより1歳若い未だ38歳なかなか!

MIRANDA LAMBERTをかなり前に聴くことがあり、好き嫌いの差が私には大きく出ます。
歌ってる曲調や歌い方からすると、一時期のTANYA TUCKER的な路線かなと思う節も
ありますが、MERLE HAGGARDのヒット曲のThe Way I Amを歌ったものを聞いたことが
ありましたが、ロックな雰囲気ですが、まあまあといったところでした。
女性歌手は、暫くすると路線が変ってしまうような傾向があるように思えますが、デビュー
当時は良かったのに(私には向いてないだけかも)と思える歌手にSHANIA TWAINや
FAITH HILLがいると思います。
二人とも最近出てくる若い歌手からすると、アイドル発掘のような番組出身ではないだけに
歌の力は数段上のように思いますが、今は変わりすぎて面白みが有りませんね!
二人の初期のアルバムは、いまだに番組でもかけます。(新しく出したものは棚の中です)
PATTY LOVELESS、MARTINA McBRIDEのような歌い手が出てこないかなと何時も
思っています。

昨日の放送でもお話しましたが、日本とアメリカの音楽のレベルの差とか、歌を歌うことに
対してのいろいろなメディアなり音楽産業の捉え方の違いや力の差を感じます。

昨日の放送では結局最後に生歌を歌いました。
The Wild Side Of Lifeを9月5日のコンサートではトミ・藤山さんとのデュエットがありそう
なのでこの曲を選んでみました。
来週は遂に783回のアニバーサリーです。
楽しい放送になるかな?

今日は夕方から、自治会会合が今日と明日の二日間ありますので、早めの書き込みを!
明日の日中にコンサートの資料作りと準備を夕方まで行いますが7時から自治会の
夏祭りの会合があり短時間でやらないといけないので、手が足らずチョット大変です。
[PR]
by friedband | 2010-08-28 18:01 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
初めての海外旅行Part-5
考えてみるとはじめての海外旅行で一人旅と言うのも、若いからできたのだろう!
といっても40代に入ったばかりで、(今の海外旅行の世代から言うとチョット!
オジンかな?)ちょっとした冒険であった。

何しろ初めての経験で、分からない事ばかりですが、オープリーのステージに関しては、
夢中になって聞いているだけ、それも興奮しているので、本物を体感したが、ほとんど
良く覚えてないのも事実なのです。オープリーにステージを写真に随分と収めたの
ですが、自宅の引越しや工房の引越し等で写真が何処にいったか分からなくなりました。
無くなってはいないのでいつかは出てくるでしょうが、残念です。
カセットウォークマンのレコーディングタイプを一瀬さんから借りていき、全て録音して、
ホテルに帰って(ナッシュビル・ハイアット・リージェンシー)どんな風に取れているか
楽しみで聞いてみましたが、何も入っていませんでした。
ワンポイントマイクの不良でした。
とっても残念で、ホテルに帰ってから、マイクを直し、ホテルのラジオから流れてくる
カントリーミュージックを録音したのもいい思い出です。
思い出といえば、スターマップで訊ねまわっている時、ジョニー・キャッシュのいえと
思ってさんざん写真を撮りましたが、牧場のように広い庭に、池というにはとても大きな
池がある隣の邸宅を散々写していたのも良い思い出です。
オープリーを見た翌日に、ナッシュビルでの最後の日の夜に裏通りにあるライブハウス
に行きましたが、そこでは、ワンマンバンドが歌っていました。
とても上手いというか、良いパフォーマンスをしていました。
ギターを弾きながら歌う!ここまでは良くある事!足では電子オルガンのペダルでベース
を弾いて、リズムは、リズムマシンをシンクロスタートさせ、途中のブレークもちゃんと
入れていた。荒削りだが、とっても楽しいワンマンバンドだった。
コンなのは、ナッシュビルに行くとたくさんあるのです。

翌日は1日有ったので、スタジオめぐり等して楽しい旅でした。
折角いったのにたいした土産も買わずに、アーネスト・タブ・レコードショップでは、
マール・ハガードのカセットテープとギターピックをブーツカントリーではブーツを2足
買い、1足は履いてきました。
d0097038_1912573.jpg

d0097038_1914372.jpg


こんな楽しい旅にもう一度行きたいなと思っていましたが、随分歳も重ね生きたい気持も
半々です。行くのなら、ファンフェアー等ではないオフに私は行きたいですね!

ロス(2日)~アトランタ~ナッシュビル(4日)~ロス(3日)のトータル9泊11日の旅でした。
高校生の時のスキーへ1週間以来の長旅でした。
ロスでは、サンタモニカのビーチも綺麗でした。
夕日がパームツリーに落ちていく写真も感動的でした。
毎朝、小鳥のさえずりで5時頃に目が覚めラジオをつけるとカントリーが流れて! これほど
贅沢は無かったです。
d0097038_19141981.jpg


ひと気の少ないナッシュビルでは、のんびりと郊外をドライブしたり、ハンバーガーに
かぶりつき、ホテルのサラダバーでは好きなものだけ食べ、大好きなコニー・スミスの家も
見たし(家だけですが)、ロスに戻って、ハリウッドにも行き見物し、グリフィス天文台にも
行き楽しい毎日でした。特にナッシュビルからロスまでの空路では30分くらい飛ぶと次の
町の夜景が見え、飛行機は80人乗りくらいの小さなもので良く揺れましたが、それなりに
堪能しました。

帰ってきた翌日から、また徹夜仕事が詰まっていました。
当時のスタッフの平野さん(もう数年前に亡くなりましたが)と原田さんと私の女房に感謝
しています。
独立した翌年で毎日徹夜仕事の連続の日々に私は旅に行きました。
この後約10年くらいは徹夜の多い毎日が続きました。

今日は、783回記念放送の1週前イブです。
ギターを持っていきます。
来週は、ゲストに、トミ・藤山さん、ベースのガンちゃんが来てスタジオ生歌です。
今日は何をやるかは未だ考えていません。
[PR]
by friedband | 2010-08-27 19:14 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
初めての海外旅行Part-4
いよいよオープリーの始まりです。
1部から4部までの厚生で、1回のステージが45分くらいあったのだろうか、演奏が
始まってかなりの人が出演しているので驚いた。
それぞれの、スポンサーに対して一つのショーで、ビル・モンローのコーナーで、
コニー・スミスが出たのは良くわかっているが、そういえば、HIGHWAY 101も
何処かで出ていた。
未だ日本でもほとんど知られていなかったので、バンドが80年代半ばでデビューし、
数年でソロになったポーレット・カールソンもその時は目立たなかった。
1発ヒットの口で、今はどうしているのだろう!

リトル・ジミー・ディッケンズも何処かで出た、ポーターワゴナーのショウはさすがに
凄い派手であった。
オープリー全体で一番印象に残っているのが、スチールギターに日本人がいたの
には驚いた。
帰った来て分かったことだが、キャッツ小林さんだった。
d0097038_18263181.jpg

d0097038_18265913.jpg


キャッツ小林さんといえば、もう大分前の事だが、SONYで22枚組みのカントリーCD
のBOX SETを出したことがある。
その中に2枚のカラオケCDが入っていた。
Jimmy Capps & The Nashville All-Starsというバンドだが、有名なギタリストの
Jimmy Cappsが率いるオールスターズにスチールギターでキャッツ小林さんが
メンバーとして入っていた。
今は、小林さんは亡くなっているとの話を何年も前に聞いたことがある。

d0097038_18275785.jpg

有名なブーツカントリーです。

この辺りからは、思い出しながら書き込んでいますが、頭の中にはいろいろな事がある
のですが整理がつかないので、明日また整理してみます。

今日は、これから、お隣の藤沢のレディオ湘南の片山誠史君と安達たけしさんの番組に
コンサートのPRを兼ねて行ってきます。
[PR]
by friedband | 2010-08-26 18:31 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
初めての海外旅行 Part-3
ロスで一日を過ごした後にDELTAに乗ってナッシュビルを目指しました。
ロスを発った日は、23度くらいの気温でした。
ナッシュビルまでは、直行便が無くアトランタで乗り換えてナッシュビルまで行きました。
約2時間、(アメリカの大きさを知ります)アトランタで1時間ほどの時間があり、空港内を
散策し、乗り継ぎ機に搭乗しました。ほぼ1時間でナッシュビルに到着!上空から見ると、
空港近くのフリーウェーの脇の壁が凍りついているではないか!
何とナッシュビルは氷点下でした。またまたダウンジャケットの登場!

ナッシュビルのインターナショナル・エアポートに降り立って、思いのほか小さな空港で
驚きましたが、大きさが落ち着きます。
到着して、レンタカーを借り、町を散策しながら、大きなハンバーガーで腹ごしらえ!
夕方まで、ドライブでいろいろ観て回りました。
この日は、エアポートでカントリーのスターマップを手に入れ、夢中になって見て回り
ました。コニー・スミスの家、ジョージ・ジョーンズとタミー・ワイネットが暮らしていた邸宅、
ハンク・ウィリアムスの生家、ひときわ大きなジョニー・キャッシュの大邸宅など驚くばかり。
時間一杯になってしまいましたが、コンウェイ・トゥイッティのテーマパーク、
トゥイッティ・シィティなど目一杯見て周り満喫しました。
翌日には、いよいよオープリー・ランドでグランド・オール・オープリーです。
心ワクワク、眠れぬ一夜でした。ここからもお袋に電話で「ナッシュビルから」でした。
勿論、女房にも電話をしました。
d0097038_2165086.jpg

d0097038_2171023.jpg

d0097038_2174525.jpg

それぞれのショップに言って見ました。
とても楽しいのですが、見るものが多く、余り覚えていないのです。

翌日オープリー当日!
チョット心配な気持で、午前中に下見をした。
その後、以前まで開催していた「ライマン・オーディトーリアム」を見に行ったり、
アーネストタブ・レコードショップに行ったりと落ち着かない時間が過ぎて行き、いよいよ
午後3時30分頃だったと思いますオープリー・ランドの駐車場に車を止め(レンタカー)
いざ会場へ! 心は興奮しています。人に何を言われても分からない!そんな私でした。

いよいよ、開演です。1部から4部までだったと思いますが、余り良く覚えていません。
[PR]
by friedband | 2010-08-25 21:11 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
初めての海外旅行PART-2
しかし、昨日遅くに、細々としたものを整理していて始めて気が付きましたが、
私が利用した航空券の代理店は、何と今をときめく格安旅行の“H.I.S”の前進である、
INTERNATIONAL TOURSであったことが、航空券と一緒についてきた手紙で分かり
ました。
1980年にINTERNATIONAL TOURSを設立し、1985年には海外支店を作り今では、
30年の歴史があったのですね! 
d0097038_19405310.jpg

私が利用した頃からすると、今は、大会社です。
凄い! 30年前に1000万円の資本金で設立した会社が今では資本金数十億円の
大会社に!

海外旅行をするチャンスは何度も有りました。ハワイ、グアム、タイ2回など4回ほどあり
ましたが、仕事が離せずに全て行くことができなく、今まで国内では飛行機を何度も載る
ことがあっても、海外となると、機内に乗っている人等も違い、全部といっていいほど、
日系ブラジル3世くらいの人とか、半分以上が中国の人でした。
機内に飛び交う言葉は、ポルトガル語、中国語で、英語を少しだけ勉強していた私には
言葉を交わす事もできず、客室乗務員(この頃はスチュワーデス?だった)は英語の
話せる人がいないという状況! さすが、うわさには聞いていたが、これが「VARIG」か!
探せば英語を話す人がいたのかもしれないが、私には、そんな余裕すらなく、じっと壁に
映る映画を見ている時間が多かったです。
(今のように個別TVは無くジャンボの機内の壁に映していた)
映画が映っている壁も、直ぐ前に乗客が座っているので、この場所の客が立つと客の背中
に映像が映るというもので、映画どころではない始末。
たまたまここの座った中国人の乗客が、トランプに熱中し、興奮して直ぐ立ち上がる始末!
映画どころではない! 快適ではなく2時間ごとに来る機内サービスが私の楽しみ!
しかし、言葉の通じない人ばかりに囲まれ飲みすぎ、食べすぎでトイレに行くのも行きにくく
結構我慢していました。
成田を出た日は氷点下の気温で、私はダウンジャケットを着ていきましたが、まず、LAXの
空港に着いた時、気温が22度あり、皆、Tシャツで歩いていました。
ここからが大変でした。
ロスでは、友人に案内してもらい、ステーキの上手い店「ローリーズ」に連れて行ってもらい
ましたが、機内の環境が響いて、思うように食べられず、肉は少し、サラダで我慢しました。
お陰で1日目は消化不良を起こし、思うように物が食べられずの日が続きます。
実際に自分の目で見て、初めて見るもの、初めて知る事、驚くばかりでしたが、楽しい旅が
始まりました。

今日は、母の月命日、お香の好きだったお袋の為に、皆さんから戴いたお香を、いろいろ
焚いてみました。 
d0097038_19415074.jpg

d0097038_1942176.jpg

私が気に入っていた香台ですが、今はフライドバンドのピアノの「のりよちゃん」に大事に
使ってもらっています。
本人は、お地蔵様の陶板が欲しいといっていましたが、これは私のお気に入りで勘弁して
もらいました。
今考えると、この暑さは乗り越えられなかっただろうな! と思います。
[PR]
by friedband | 2010-08-24 19:46 | 日常 | Trackback | Comments(0)
整理していたら! 初めての海外旅行!
久しぶりに、棚を片付けていたら、珍しいステッカーや写真などが出てきました。
もう21数前になりますが、ナッシュビルに行った時に買ってきたステッカーやバッチ
などが出てきました。
とても懐かしく思い出しました。
夢にまで見た、オープリーランドで買ったステッカー、ナッシュビルの有名なブーツ
ショップで買った、ステッカーとブーツ、アーネスト・タブ・レコードショップで買った、
ステッカーとギターピックなど懐かしいものばかり、夢に思い描いていたナッシュビルに
一人で出かけた若かりし頃、40代前半!懐かしいです。
d0097038_19582263.jpg

d0097038_19585190.jpg

d0097038_19591573.jpg


まだ、今ほど格安航空運賃など無く、アメリカの知り合いに頼んでチケットを手に入れ
ました。
安いほうが良いという事で頼みましたが、航空会社のことまで良くわからなかったため
お任せでしたが、送ってきた航空券は、バリグ・ブラジル航空のチケットでした。
よく分からないまま若干の不安を残し出発しました。

時に、昭和の天皇陛下が亡くなって、大葬の礼が行われた1989(平成元)年の2月24日
に成田を発ちました。雪の降るとっても寒い日でした。
成田周辺は、大葬の礼の警戒が厳重でそれだけでも心が重くなるような雰囲気の中、
成田に着き、手続きをするのですが、初めての海外旅行でツアー等ではない一人旅!
とっても寂しく心細く落ち着かない時間でした。
手続きの時、私の前で手続きをしている人が、海外で手に入れた航空券で正規なもの
ではなく、搭乗を拒否されたのでした。
私も、国内で購入したものではなく、ロスにいる知り合いからの手配で、自分も搭乗
できないのではと思っていましたが、パス! それにしても初めから驚かされる出来事で
心配含みのスタートでした。
当時、正規なルートで購入すると25万以上はしていたようでしたが、私は10万4千円の
格安で購入しましたが、その頃は未だ、日本国内では格安が無く、正規なものでないと
搭乗できる、できないと騒ぎが置き始めた頃、航空券と電話料金に関してはアメリカからの
料金は日本との格差がもの凄くあり、その頃、良くロスと国際電話をすることが月に何度も
あり、その時は、必ず、ロスから掛け直しをして話しをしていました。電話料金も3倍くらい
違っていました。
今の格安の時代が嘘のようです。

ともかく旅の第一歩!雪の積もった、成田空港から飛び立ったのです。

今日は「メグ」の月命日です。平成12年5月23日に旅立ちました。
d0097038_200622.jpg

とっても可愛い猫で、「チャリ」が良く可愛がっていました。
おもちゃみたいな猫でした。


明日に続く!
[PR]
by friedband | 2010-08-23 20:01 | 日常 | Trackback | Comments(0)
暑い一日に
今日は、早朝からよこすかに出かけました。
勿論仕事です。
5人で出かけ、車2台でのドライブですが、遊びではないので快適ではありませんが、
早朝から遊びの車が多い中、現地へ到着!
ついたときは、未だ暑さはほどほどでしたが、30分もすると照り返しが強く、
気温プラス照り返しで、45度くらいに感じましたが、ともかく暑くて、私の良く知っている
お客様のお宅のルーフバルコニーでの作業をしていましたが、もう、熱中症になる寸前
くらいの状態で、階段を上がってきただけで、動悸がして気持悪くなってきました。
これが過ぎると、熱中症になっていくのでしょうか! 気をつけないと!
年のせいもありますが、ともかく厳しい暑さです。
d0097038_2061948.jpg

気温が高いせいで、あまり見通しが良くありませんが、早朝ですと、千葉の「鋸山」が
綺麗に見えるのです。
冬の朝はとっても綺麗なところです。
作業を終えて、お客様の自家製の特製生葡萄入りのゼリーとそうめんをご馳走になって
戻ってきました。
さすがに夏休みですね! 行きも帰りも、横々道路は車が一杯、この車の量だと帰りは
大渋滞です。

久しぶりに、歌の発声練習をしました。
昨年と比べると、若干キーが下がっているようで、微妙なところです。
無理なキーで歌ってしまうと、最近は特に、腹から声が出なくなってしまうので片っ端から
歌をチェックし直しです。
ここ、数年前からいくつかの曲に関して(特にアコースティックバージョンに重要)バンド用、
弾き歌い用のキーを考えるようにしています。
とっても効果的です。
d0097038_2031255.jpg

放送の時やアコースティックライブ等に今一番気に入っているギターです。
愛用のギルド・F30RNTも最高ですがこのサイモンパトリックは良くなるギターです。
初めはしっくりこなかったのですが、今はとても気に入ってます。
[PR]
by friedband | 2010-08-22 20:03 | 日常 | Trackback | Comments(0)



カントリーバンドリーダー日記
今井せいじのもう一つの顔
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
子猫の名前は「なれちゃん..
by friedband at 18:44
猫の名前が 「まれ」だ..
by fm-i-samukawa at 12:48
ブログ開設しました! ..
by fm-i-samukawa at 09:01
いろいろとジョニーの心遣..
by friedband at 01:16
今井さん、鹿児島カントリ..
by johnny 鹿倉 at 11:17
そうだ!2016年は放送..
by friedband at 13:03
今年の元旦は日曜なので、..
by friedband at 13:02
2016年元旦は放送した..
by chii at 11:07
ジョニー鹿倉さんおはよう..
by friedband at 09:55
今井さん、こんばんわ! ..
by ジョニー・鹿倉 at 17:46
フォロー中のブログ
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧